« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月30日 (木)

派遣寮を出なければ

08年から09年の「派遣切り」では解雇と同時に寮を追い出されるという相談が殺到しました。当時は「日雇い派遣」が多く、「今日で解雇、すぐに追い出し」という事件も相次ぎました。
その後日雇い派遣は禁止されましたが、「日々紹介」は続いており、愛知県内の派遣労働者も11万人と多い状況が続いています。
2_2 氷河期世代の困難
1998年の第一期氷河期世代以降若者の二人に一人が非正規雇用で、働いても貧困な賃金のうえ、2003年の製造業派遣の解禁で使い捨ての派遣労働が大量に使われるようになりました。リーマンショックではこの派遣労働者が大量に派遣切りされました。

今もこの氷河期世代がまともな仕事につけなかったり、パワハラで精神疾患になる若者が続いています。名古屋市の生活困窮者相談では当時30代の氷河期世代である40代が最も多くなっています。
「生活困窮者自立支援制度」
今日も派遣社員から「派遣先を退職後、派遣元の寮を退去する時はやはり、一週間以内なのですか?」という相談がありました。
最近は退職即日退去という派遣会社は少ないようですが、借家契約と違って一定期間で寮の退去は迫られます。離職して 住居を失う場合には2015年から始まった「生活困窮者自立支援制度」も紹介させてもらっています。各市町村にも窓口があります。
名古屋市では
http://www.city.nagoya.jp/kenkofukushi/page/0000061562.html
Sien

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年11月27日 (月)

第一交通鯱タクシーの不当労働行為を告発

第一交通の不当労働行為を愛知県労働委委員会で審査しています。先日は北九州から名古屋に労務担当として派遣された栗原課長を証人尋問しました。
栗原課長、所長、他社からの4人が労組委員長を取り囲んで「おいサルこう」などと呼んで出庫を妨害しました。

栗原課長は北九州の本社にもどっています。愛知からの要請には会おうとせず、福岡県労連の宣伝では会社の車が前後にぴったりとつけ、栗原課長は遠くから電話で指示をしていました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »