2016年10月13日 (木)

第一交通をまともな会社にする会

<全国から支援をお願いします>Daiiti
「第一交通産業」をまともな会社にする会
何度も労基署から指導をうけ、この春には一時ハローワークの募集を停止されたブラックなタクシー企業
名古屋では老舗の鯱タクシーを乗っ取りました

有給休暇を取りたい
労基法を守ってください
労働組合にさまざまな嫌がらせ。

会社の駐車場に停めてあった労組役員の車の前輪ねじが緩められ事故に
別の役員は8カ所もパンクさせられることも
正当な要求交渉にも難癖をつけ、逆にスラップ訴訟も起こしてくる。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年8月24日 (水)

辞めたい相談

このところ「辞めたい」という相談がたくさんかかってきます。
そんななかコンビニで働く留学生から「シフトがしょっちゅう変わって、その時にならないとわからないので生活できない」「辞めるといったら就業規則で一ヶ月前でないと辞められない。勝手にやめたら給料払わないと言われた」という相談。

シフト表をみると十数人のバイトで24時間を回している。一人を除いてすべて外国人。しかも中国、ベトナムにイスラム系の名前もある。
これを調整しながら作っている店長もそうとうたいへんそうだ。

店長自身がブラックな働き方をせせられていることも少なくない

話をきくと、契約書は交わしてないので、いつでも辞められる。
期間の定めがなければ2週間前に通告すれば問題ない。
契約期間があっても重大な労働法違反があれば、いつでも契約解除できる。
また、辞めるというと「損害賠償を請求する」とい相談もあります。その場合にも本人の過失割合を超える請求はできません。
Photo

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2016年7月25日 (月)

ベトナム人実習生支援



ここのところ岐阜のベトナムの実習生支援に忙しく動いています。http://rodo110.cocolog-nifty.com/viet_nam/
残業代400円で夜10時まで働かされています。
問題はここだけではないこと。
岐阜の縫製業には3000人の実習生がいますが、どこも同じようだとのこと。労働局と入管から何度指導しても変わらないとのこと。
写真をはブローカーのようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年3月15日 (火)

ブラックコンサルに「不適切」通達

悪徳社労士と同じように、ローパフォーマーなどと言って社員の追い出しを指南していた悪徳コンサルタントについて厚労省が「不適切」との通達を出した。朝日3/15には通信教育大手のベネッセコーポレーションの名前が出ている。
他の大手派遣会社が追い出しを指南する一方で就職紹介で国の補助金を受け取っていたが、これこそ税金の無駄遣い。、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 2日 (水)

権利手帳をお守りに



1人で労働組合に入っている方です。
会社を辞めるため残った有休休暇を取りたいと言ったら半分くらいしか認めてくれなかったそうです。
最後くらい全部消化したいと言ったら「全員が有休を取ったら会社が潰れる」と言われたそうです。
その後、上司と人事部長が面接することに。
本人は「有休のお守りを持って面接を受けた」そうです。会社は休みを認めました。
そのお守りと言うのがこの権利手帳だったそうです。
労働組合のない職場では、権利手帳が労働者のお守りになるそうです。
ぜひお使いください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月27日 (日)

悪徳社労士を告発

946434_936037169807473_234991534168「社員をうつ病に羅漢させる方法」などをブログに載せた愛知県の社労士が新聞やテレビで取り上げられ社会問題になっています。「不正な指導をする社会保険労務士を追及する会10660286_1176564585704153_491069966



愛労連にもメールや情報が届き、先日25日に過労死家族の会の内野さんらと愛知労働局、愛知県社労士会に要請に行きました。

「筆が滑ったではない」

K氏はマスコミの取材に「筆が滑った」などと応えていますが、12月2日の投稿には「解雇ビジネスのすすめ」「金になる」「私は14年間この仕事を続けています」と確信犯であることを労働局に伝えました。内野さんは「労働者をうつ病にさせることは傷害だ」と訴え、労働局も「合法的パワハラという言葉が全く間違い」と問題を重大に受け止め調査に入っていることを明らかにしました。

1014357_937136766364180_18547406125

「K氏ひとりの問題ではない」

社労士会にはこのようなコンサルタントを金儲けの「業」として行うことは社労士全体の信用失墜となることを訴え、当事者の処分にとどまらず、社労士会としての取り組みを求めました。対応した専務理事も重大な問題として会としての対応を検討していると応えました。すでに監査の委員会を開催しており、午後には臨時理事会が開催されました。
厚労省に懲戒請求が出され、全国社労士会の会長声明も発表されています。愛知会としても処分を決めたものと思われます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年11月10日 (火)

15歳の高校生からも

「辞めさせてくれない」「試験でも休ませてくれない」ブラックバイトの問題が社会問題になっています。厚労省の調査でも「学生の6割トラブル経験」(毎日11/10)とたいへん多くなっています。
Mai151110今日は労働相談に15歳の高校生から「バイトを辞めさせてもらえない」 と電話が入りました。
先の県議会でも日本共産党しもおく議員の質問に対して愛知県当局は「ブラックバイトで苦しむ学生を減らすためにも高校生に働くルールを知らせていくことが大切」として、今後も出前講座を増やしていきたいとこたえました。
学生さんは相談無料
また「ブラックバイト対策弁護団あいち」でも電話相談を受けています。
☎052-211-2236
Email bb.help.aichi@gmail.com
事務局 名古屋第一法律事務所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月13日 (火)

暴力で脅され

年末から続く相談です。0508

休みは月1日。今週も日曜出勤。時間中は監視が厳しく電話もかけられないといいます。

現在の勤務先を辞めたいのですが、辞めさせてもえません。辞意は既に2回口頭で伝えているのですが、深夜まで拘束され、続けると言わないと帰宅させてもらえません。

 上司(社長)からは仕事でミスがある度に、暴力、暴言を浴びせられます。例えば、ハンマーの柄で日常的に頭部を殴打される、焼肉屋で網の上で熱したトングを手の甲に押し当てられる等があります。

 又、業務用車両を業務中に4度擦った際の修理費、仕事のミス(見積もり作成時に落としがあった分の損失分)等、60万円程を借金とされ、辞意を伝える度、債権を知り合いの暴力団員に渡す、家に押しかける等脅されたりもします。

辞表を出すだけでは、様々な危害が及びそうで、辞めるに辞めれません。どのような対策を取ればよいでしょうか。

一方的にやめてしまえばいいのですが、脅されていてはそれも難しいところがあります.

警察は事件がおきてからでないと動いてくれそうにありません。こう言うときは地域で頼りになる労働組合が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月30日 (木)

ブラックバイトシンポ 愛知県弁護士会

141122愛知県弁護士会からブラックバイトのシンポジウムご案内がありました。

「さらに加速する若者の貧困
~奨学金被害・ブラックバイト・若年自殺をなくそう~」

11月22日(土)13:30~
愛知県弁護士会館5Fホール
講演 大内裕和(中京大教授)
    川村遼平(POSSE事務局長)
パネルディスカッション

参加費無料
問い合わせ先:愛知県弁護士会第2課人権・法制係(TEL052-203-4410)

緊急出版「ブラック企業と奨学金問題」
(発行:ゆいぽおと 発売:KTC中央出版 定価:1200円+税)
川村遼平・大内裕和・木村達也
2014年6月29日に名古屋市内で開催された同名のシンポジウムをまとめたものです。
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月23日 (金)

ブラックバイト相談

Photo愛知の法律家の取り組みです。
反貧困ネットワークあいちも後援します。

残業代がでない、テストがあるのにシフトを変えてくれない、体調が悪くても休ませてくれない、社員と同じ仕事をさせられる・・・・
高校生、大学生のアルバイトにも労働者としての権利があります。

お気軽に相談下さい。
5月24日(土)13:00~22:00

TEL
052-451-3820
052-451-3822
052-451-3823


| | コメント (0) | トラックバック (0)