2017年6月 2日 (金)

会社の理不尽な要求を跳ね返す

勤め先の上司から、会社の進める自動車保険への切り替えを迫られた女性からの相談。
会社にはいって半年以上たった今頃「変えなければ、交通費を支給しない」と言われました。でも、彼女は家族割を利用しているので、切り替えると負担が大きくなります。

求人には交通費支給と書いてあり、とくに条件は書いてありませんでした。
雇用契約書には「別に定める」と書いてありました。
女性は会社に、就業規則や交通費の規定を見せるよう求めました。
上司はそんなことを言われたことがなかったようで、本社に問い合わせ。結局この店だけは「保留」ということになったようです。
アドバイスだけで、会社と交渉した勇気ある行動に会社も無理強いできませんでした
18813740_1366645643413288_622396729

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年3月 8日 (水)

労働相談ホットライン

Chu170308

国会で残業時間の上限を規制する法律をめぐる議論が行われています。
全労連は昨日、長時間過重労働の全国一斉労働相談を行いました。
普段は二人のボランティア相談員で9時半~16時半ですが、この日は3人で18時半までおこないました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月13日 (木)

第一交通をまともな会社にする会

<全国から支援をお願いします>Daiiti
「第一交通産業」をまともな会社にする会
何度も労基署から指導をうけ、この春には一時ハローワークの募集を停止されたブラックなタクシー企業
名古屋では老舗の鯱タクシーを乗っ取りました

有給休暇を取りたい
労基法を守ってください
労働組合にさまざまな嫌がらせ。

会社の駐車場に停めてあった労組役員の車の前輪ねじが緩められ事故に
別の役員は8カ所もパンクさせられることも
正当な要求交渉にも難癖をつけ、逆にスラップ訴訟も起こしてくる。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年8月24日 (水)

辞めたい相談

このところ「辞めたい」という相談がたくさんかかってきます。
そんななかコンビニで働く留学生から「シフトがしょっちゅう変わって、その時にならないとわからないので生活できない」「辞めるといったら就業規則で一ヶ月前でないと辞められない。勝手にやめたら給料払わないと言われた」という相談。

シフト表をみると十数人のバイトで24時間を回している。一人を除いてすべて外国人。しかも中国、ベトナムにイスラム系の名前もある。
これを調整しながら作っている店長もそうとうたいへんそうだ。

店長自身がブラックな働き方をせせられていることも少なくない

話をきくと、契約書は交わしてないので、いつでも辞められる。
期間の定めがなければ2週間前に通告すれば問題ない。
契約期間があっても重大な労働法違反があれば、いつでも契約解除できる。
また、辞めるというと「損害賠償を請求する」とい相談もあります。その場合にも本人の過失割合を超える請求はできません。
Photo

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2016年4月13日 (水)

職場に家庭に一冊権利手帳を

Img_1171新年度が始まり新入社員を向ける職場がたくさんあります。この機会に職場の働くルールを確認しましょう。愛労連はこの春「権利手帳」を三万部配布します。4月1日には伏見駅でフレッシャーズ宣伝を行い千部を受け取ってもらいました。その日には大学の先生から「100部欲しい」と連絡もありました。

労働基準法は最低限の基準
今日も労働相談が来ていますが「うちには有給休暇はない」という会社も珍しくありません。しかし、労基法は労働者を一人でも雇えば守らなければなりません。
主要な労働条件は書面で
労働者を雇うときには賃金や休日・労働時間、退職に関することなど主要な労働条件を書面で渡さなければなりません。これはパートでも派遣でも必要です。
就業規則は誰でも見られるように
給与の規則やその他の細かな規定は就業規則にまとめて、労基署に届けなければなりません。パートも含めて10人以上雇っている場合には必ず必要です。
労働基準監督署は「労働者の保護」のため
それでも会社が労基法を守ってくれない場合には、会社のある地域を所管する労働基準監督署に「申告」します。
労基署は「労働条件及び労働者の保護に関する事務を所掌する」(労基法97条)ところです。なかには使用者と労働者の間で「中立」と勘違いされている方もいますが、そうではありません。労働者を保護し、事業者を監督するのが労基署です。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2016年3月 2日 (水)

権利手帳をお守りに



1人で労働組合に入っている方です。
会社を辞めるため残った有休休暇を取りたいと言ったら半分くらいしか認めてくれなかったそうです。
最後くらい全部消化したいと言ったら「全員が有休を取ったら会社が潰れる」と言われたそうです。
その後、上司と人事部長が面接することに。
本人は「有休のお守りを持って面接を受けた」そうです。会社は休みを認めました。
そのお守りと言うのがこの権利手帳だったそうです。
労働組合のない職場では、権利手帳が労働者のお守りになるそうです。
ぜひお使いください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月27日 (日)

悪徳社労士を告発

946434_936037169807473_234991534168「社員をうつ病に羅漢させる方法」などをブログに載せた愛知県の社労士が新聞やテレビで取り上げられ社会問題になっています。「不正な指導をする社会保険労務士を追及する会10660286_1176564585704153_491069966



愛労連にもメールや情報が届き、先日25日に過労死家族の会の内野さんらと愛知労働局、愛知県社労士会に要請に行きました。

「筆が滑ったではない」

K氏はマスコミの取材に「筆が滑った」などと応えていますが、12月2日の投稿には「解雇ビジネスのすすめ」「金になる」「私は14年間この仕事を続けています」と確信犯であることを労働局に伝えました。内野さんは「労働者をうつ病にさせることは傷害だ」と訴え、労働局も「合法的パワハラという言葉が全く間違い」と問題を重大に受け止め調査に入っていることを明らかにしました。

1014357_937136766364180_18547406125

「K氏ひとりの問題ではない」

社労士会にはこのようなコンサルタントを金儲けの「業」として行うことは社労士全体の信用失墜となることを訴え、当事者の処分にとどまらず、社労士会としての取り組みを求めました。対応した専務理事も重大な問題として会としての対応を検討していると応えました。すでに監査の委員会を開催しており、午後には臨時理事会が開催されました。
厚労省に懲戒請求が出され、全国社労士会の会長声明も発表されています。愛知会としても処分を決めたものと思われます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年11月10日 (火)

15歳の高校生からも

「辞めさせてくれない」「試験でも休ませてくれない」ブラックバイトの問題が社会問題になっています。厚労省の調査でも「学生の6割トラブル経験」(毎日11/10)とたいへん多くなっています。
Mai151110今日は労働相談に15歳の高校生から「バイトを辞めさせてもらえない」 と電話が入りました。
先の県議会でも日本共産党しもおく議員の質問に対して愛知県当局は「ブラックバイトで苦しむ学生を減らすためにも高校生に働くルールを知らせていくことが大切」として、今後も出前講座を増やしていきたいとこたえました。
学生さんは相談無料
また「ブラックバイト対策弁護団あいち」でも電話相談を受けています。
☎052-211-2236
Email bb.help.aichi@gmail.com
事務局 名古屋第一法律事務所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月30日 (金)

辞めた会社が傷病手当の手続きをしてくれない

月刊全労連より20151030115343

 新聞病気で会社を辞めた労働者が体調が戻ってきた5月に、傷病手当を請求したい旨を会社へ連絡して、必要書類と返信用封筒を郵送した。しかし、会社からは連絡がなく、8月に入って「引き継ぎもせずに辞めたので、詫び状を書かない限り会社印は押さない」と言われたという相談。

協会けんぽの本部に問い合わせたら

「手続き上の窓口は各支部。対応しない場合は氏名を聞いて連絡してくれ。指導注意をする」とのうえ下記のようになっていることがわかった。

①協会健保は定款で「被保険者の資格、保険料の給付等に関して必要と認めるときは、事業主に対して文書その他の提出を命じ、または事業所に立ち入り関係者への質問と帳簿書類等の検査をする権限と責任がある」(健康保険法施行規則第2条の2項および健康保険法第198条の1)

②事業主は「保険給付を受けようとする者から証明書を求められたときは、正当な理由がなければ拒むことができない」(健康保険法施行規則第33)ということが明らかになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 1日 (火)

愛知県がリーフレット

愛知県のリーフレットが新しくなりました。Aichi1
デザインも若者向けになっています。
「近年、正規雇用以外にも非正規雇用(パートタイマー、アルバイト、契約社員、派遣労働など)として働く方が増え、働き方が多様化する中で、様々な労使間でのトラブルも増加しています。労働者はどのような働き方においても労働関係法令で守られています。
 しかし、安心して働くためには、この法令を知っておくことが大切です。
 県では、働く上で最低限知っておくべき労働関係法令等をわかりやすく紹介するとともに、労働問題に関する相談窓口等を掲載したリーフレットを作成しました。
 これから働き始める方、働き始めて間もない方、さらには、働く中で疑問をお持ちの方は、是非、参考にしてください。」

 県関係の窓口に置かれているそうですが下記からもダウンロードできます。※作成物は、下記URLからPDFファイルをダウンロードできます。

 閲覧用  URL:http://www.pref.aichi.jp/rodofukushi/hataraku-rules-eturanyou.pdf

 (作成物は、A3両面印刷を四つ折りにした、A5サイズです。)

 印刷用  URL:http://www.pref.aichi.jp/rodofukushi/A3-hataraku-rules-2015-saitinshusei.pdf

 (印刷する際は、A3の両面印刷(長辺とじ)で印刷し、四つ折り(A5サイズ)にしていただくと、作成物の原寸大となります。)

Aichi2

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧