« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

日本の法律を守れ

先の申し入れに対し、会社はベトナムの送り出し機関をよび研修生に「罰金をとる」と脅しました。研修生達は10,000US$の保証金を払っており、この「罰金」を心配しています。

研修生達から事情を聞いた愛労連は25日、会社に対し下記の要求書を送付しました。

F社・○社殿

送り出し機関 Q殿

受け入れ機関 ○○○○殿

2007年9月25日

愛知県労働組合総連合

議長 羽根克明

(連絡先)名古屋市熱田区沢下町9-7労働会館東館

Tel 052(871)5433 FAX 052(871)5618

担当:くれまつ

尾張中部地区労働組合総連合

議長 平田 茂

(連絡先)春日井市職労 TEL 0568(81)3278

要求書

 私どもは貴社に働くベトナム人研修生より交渉委任をうけているものです。

先日貴社あてに要望書を送らせてもらいました件につきまして、当該研修生より報告がありました。それによりますと先週末に貴社らの担当者から当方の要望内容について「ベトナムでの契約に反する」として「会社に請求したら、帰国してからその金額を罰金として取る」と言われたとのことです。これは国内法の違反を押しつけるものであり脅しと言われてもしかたありません。私どもは地元中小企業の健全な発展をもとめて外国人研修制度の適切な運用をもとめて活動をしておりますが、このような対応は全く不本意です。上記のような対応であればこの件については愛知労働局ならびに名古屋入国管理局に告発せざるをえません。

あらためて下記のように要求いたします。

     9月19日に送付した「要望書」に誠実にこたえること

     「帰国後罰金をとる」と言ったことを撤回すること。

以上について9月28日までに文書で回答すること。

以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベトナムに帰ったら罰金

研修生のところにベトナムの派遣会社K(送り出し機関)が来ました。0128

「残業代の不足分と有給休暇の未消化分を買い取ってもらったら、その分を帰国してから罰金として保証金からさし引く」と言われたようです。

前の事件の時も送り出し機関のSも同じような脅しをしました。どこでも同じ事をやってるんでしょうね。日本の法律を守れと言っても帰国してからのことは手が出せないと思っているのでしょう。外務省もなめられたものです。こんな派遣会社は受け入れないようにさせましょう。

詳しくは今日研修生に会って直接聞きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう泣き寝入りはしない

Photo_2 もうこれからは泣き寝入りはしない

ベトナム人研修生支援と激励の集会を開催します。

9月30日(日)2時から労働会館東館ホールで

研修生は1時に金山駅コンコース集合で

愛労連が支援してきたトヨタのベトナム人研修生が全員あらたな受け入れ企業を確保しました。9月10日がビザ期限の101人と、10月に新たに受け入れ停止をされる約100人全員が引き続き別の企業で研修・実習を続けることになり、帰国させられる事はなくなりました。

この事件の他にも相談がきています。会社との話し合いでの解決も進んでいます。不法な働かされ方をしている研修生がいたら、上の案内を見せてやってください。

研修生達にも参加してもらって激励と交流のつどいを開催します。ぜひ、参加して研修生の実態を知ってください。

準備の都合上、あらかじめ参加を予定される人数をお知らせください。

skurematsu@airoren.gr.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新たな2社に要望書

残業代が600円で支払われていた会社に本日下記の要望書を提出しました。会社は今から研修生たちとの話し合いにむけて対応を検討すると思います。

F株式会社、○株式会社殿

2007年9月19日

愛知県労働組合総連合

議長 羽根克明

(連絡先)名古屋市熱田区沢下町9-7労働会館東館

Tel 052(871)5433 FAX 052(871)5618

担当:くれまつ

尾張中部地区労働組合総連合

議長 平田 茂

(連絡先)春日井市職労 TEL 0568(81)3278

要望書

貴職におかれましては諸外国の青年労働者の研修・技能実習受け入れをつうじて、国際交流に貢献されていることに敬意を表します。

さて、私どもは愛知県内、および小牧・春日井地域の労働組合でつくるローカルセンターです。私たちは地元中小企業の健全な発展をもとめて事業者の皆さまとも協力させてもらっています。中小企業の多くが外国人研修制度を活用しておりますが、昨今、各地で問題が指摘されています。適切な運用がされなければ制度の存続が危うくなってきます。

この度、貴社で技能実習をしている実習生より私どもに下記のような申し出がありました。上記のように、研修・実習制度の適切な運用を求める立場から貴社として実習生の要望を受け止め善処されるようお願いするものです。

実習生氏名

要望の内容

     控除額の明細をふくめこの2年間の給与明細書をわたすこと。

     パスポート、貯金通帳と印鑑を直ちに本人にわたすこと。

     2年間の残業代(時間あたり600円)の不足分を全額支払うこと

     2年間で21日間ある有給休暇の残りを取得させること。帰国までに消化できない場合の対応策をしめすこと

以上

| | コメント (0) | トラックバック (1)

9月30日に激励・交流会

うれしいお知らせです。

5月に受け入れ企業の不正によって、研修・実習が中断されていたベトナム人研修生たち(約100人)の受け入れ先が全て確保されたという連絡を受けました。ビザの更新手続きにはまだ若干時間がかかるようですが「9月10日までに新たな研修先が見つからなければ帰国させられる」と言われていましたが、これで全員が日本に残ることができます。

まずは支援いただいたみなさんに感謝いたします。緊急アピール、記者会見、お米支援、JITCO本部要請などさまざまなみなさんに協力いただきました。このことが解決までつなぐことができたと思います。

中には愛知県を離れることになった研修生もいます。組合、JITCO、関係機関、そしてマスコミの皆さまにもたくさんのお願い(要求)をさせていただき、骨を折ってもらいました。これも感謝です。

報告をかねて「ベトナム人研修生激励のつどい」を開催します。ぜひご参加ください。

9月30日(日)午後2時から 労働会館東館2Fホール 

簡単な菓子、飲み物用意します。(カンパ歓迎)

この事件への関わりをきっかけにしてその後も別の研修生から相談が来るようになりました。ほんとうに多くの問題があります。この制度自体に欠陥があることは誰もが認めています。「研修制度」の見直しも言われています。しかし、仮に一年目から労働基準法を適用したとしても、「帰国させるぞ」との脅しが続く限り「奴隷状態」はなくなりません。「不法行為」を告発した場合に保護する仕組みがないからです。

この間には長勢法相が事業組合からカネをもらっていたことも明らかになりました。外国人研修生を食いものにする団体から入管の責任者がカネを受け取るなど許されることではありません。

またこの背景にはトヨタなど大企業のめちゃくちゃな下請け単価削減があります。最賃違反や人権を無視する不法行為は許せませんが、油まみれになって働く中小企業労働者の実態をみると「そんな(不正をはたらく)会社はつぶしてしまえ」とは言えません。そこで働く労働者と家族のくらしがあるからです。

愛労連はこれからも外国人研修生の支援を続けます。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

残業月175時間

今日、別の実習生が相談に訪れました。0111

彼らのメモをみると毎月120~175時間もの残業をしています。しかも残業代は600円/時でした。愛知県の地方最賃は694円ですからどんなに少なくても最低867円は必要です。その差額173円。

彼らは毎月3万円の強制貯金が引かれ、さらに寮費や社会保険などで6万円近くひかれるため、残業がなければ手元に3万円程度しか残りません。残業してやっと6万円くらいになります。会社も600円で残業してくれるのならと使い放題です。

これから会社と交渉するのですが、彼らの心配は会社ともめた時にベトナムの送り出し機関に払った保証金から「罰金」を取られないかということです。

日本で正当な要求をしたときに、本国で罰則をかけるような送り出し機関は派遣を認めないという対応をはっきりさせることが必要です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »