« 家賃7万のところ12万 | トップページ | 研修生問題で懇談会 »

結いの心

080531 今日の中日新聞「結いの心」には先日帰国したリューたちのことが書いてあります。リューたちと初めてあったのはちょうど一年前の6月1日です。

5月25日、入管で4ヶ月の「帰国準備ビザ」しかもらえなかった彼女たちは会社を問い詰めた。会社は不正を認め、新しい受け入れ先を探していると説明したが、「新しい組合・企業はいつ、どう決まるか」聞いても「これから」「決まっても入管が許可するかわからない」という返事。いつ処分を知ったか聞くと「たった今知った」というので追求すると、「少し前から聞いていた」という。これで彼女たちはますます不安になりました。

25日、入管で配布した委任状は64通、小中陽太郎さんたちの支援アピール署名に180名が賛同。5月30日には組合側弁護士と話し合いを行い、全員の受入先を確保するよう求めました。

しかしこのことを、人づてに伝えても研修生たちの不安は高まるばかりでした。逃亡の計画も聞こえてきました。そこで6月1日に研修生を集めてJITCOへの要請と記者会見を行うことにしました。トヨタ駅まで研修生を迎えにゆくと13人の研修生が待っていました。電車の中ではお年寄りに席をゆずる、とても礼儀正しい子たちでした。JITCOに要請に行っている間、昼ご飯を買ってあげようとすると「パンを持ってきているから」と辞退しました。ほんとによい子たちばかりでした。

記者会見は国際センターで行いましたが、組合が、「愛労連がでてくると受入企業がいやがって見つけにくい」というため、完全非公開で行いました。新聞はほぼ全社、TVも3社がきました。支援者も各組合から20名ほどが参加し、いろんなことを聞きました。私も研修生のことを聞くのは初めてでした。通訳は留学生が協力してくれました。

この1日の行動で、初めてであった研修生たちからの信頼を得ることができました。記事にも画にもできない取材に応じていただいたマスコミのみなさんにも本当に感謝いたします。(もう、あの日の画は解禁です!)

終わって、アイスクリームを食べながら名駅まで歩きました。ミッドランドの下で「これが君たちのつくっている車のトヨタだよ」と紹介してあげました。

パスポート・強制貯金を返してほしいことや、寮費の心配など聞いたあと、神奈川の沢田さんが「他に困っていることない」と聞くと「日本のお米高い」と言います。それで農民連にカンパしてもらいお米を100キロ届けました。「とてもうれしかった」と言っていたことが記事で紹介されています。

あれから1年がたちました。愛労連への相談はついに36件になりました。

|

« 家賃7万のところ12万 | トップページ | 研修生問題で懇談会 »

外国人研修生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結いの心:

« 家賃7万のところ12万 | トップページ | 研修生問題で懇談会 »