« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

移籍か帰国か

今日も7人の研修生がきました。

1件は不正処分に伴うもの。受け入れ停止をうけた企業の研修生は、新たな受け入れ先を見つけなければ帰国しなければなりません。しかし、そう簡単に条件にあった受け入れ先が簡単に見つかるわけではありません。付き合いのある企業などそうあるものではありません。そもそも不正を起こした組合の責任で見つけることに困難があります。先日法務省に要請したうちの一つが受け入れ先の確保でした。不正を起こした企業が悪いのですが、金銭的な補償する責任は問われません。

研修生は次がどんな会社なのかとても不安になります。実習期間が半年以上あるものは雇用保険の手続きをすることにしました。この給付期間が切れたらいよいよピンチです。コクヤン関係で1000人もの研修生のうち何人が移籍先が必要になるかもわかっていません。

もう1件は寮費です。3DKのアパートに5人が住んでいます。寮費は45000円。ミニミニで調べたら52000円プラス共益費2500円でした。水道光熱費を入れたとしてもかなりのピンハネです。

こういう相談に応える窓口を国が責任をもって開設するよう要求していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会社の寮費はいくらでも良いのか

 昨日東京に行っている間も3件の電話がありました。

 一件は研修中の残業と内職に関するもの。組合が労基署に申告につれていきましたが「研修中については受け付けない」と対応されたようです。しかし、研修中の残業を労働と見るかどうかは国会答弁でも「実態をみて判断する」とされています。研修生だから労基署は受け付けないという対応は間違っています。もう一度、組合に言って労基法違反の内容をしっかりしめした申告書を提出させたいと思います。

 また一件は家賃に関するもの。賃貸アパートのように家賃がはっきりしているものは簡単ですが、会社の建物の場合は簡単ではありません。しかしそれでも「事理明白なもの」であり「実費を超えてはならない」ということに変わりはありません。説明責任は会社の方にあります。

 相談があったNi社では一部屋に二人ずつ、全部で11人。一人35000円でした。会社の持ち物の場合広さにもよりますが一人1万から2万円。プラス水道光熱費の実費が相場です。

しかし、組合の中には本国での手取り契約が7万円とか8万円になっているのをよいことに最低賃金で計算した月給から税金・社会保険を引いた上で手取りが7万円を下回らない範囲いっぱいまで寮費をとってもよいと説明していることがあります。こんな「事理」では家賃の理由にはなりません。

もう一件は病気入院の問題でしたが、会社がこころよく応じていただき研修生の不安を除くことができました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

法務省審議官に要請

0828_3   ベトナム人研修生問題について、法務省に直接要請しました。共産党の仁比議員にお願いしたところ、当局からは「法務大臣官房審議官」と「補佐官」が対応しました。審議官が直接対応したのはそれだけ重要な事案と受け止めているからだと思われます。

要請の内容は緊急対応や法制度の改正について1時間半に渡って現場でおきていることを説明しました。研修中の残業について「資格外活動」とするよう求めました。土日の相談窓口開設や名古屋入管の体制補充について即答はありませんでしたが、「普通は東京・大阪・名古屋の順だが外国人労働者の問題に関わっては東京・名古屋の順になっている」として名古屋入管の体制が足らないことについては理解を示されました。

研修中の残業については見解の一致はみませんでしたが、「入管と監督署の判断は必ずしも連動している訳ではない」ので労基署が実態をみて判断することには問題がないことがはっきりしました。Gネットの例をだしたところ「日曜日に研修生だけ出勤して作業をさせていたのなら、研修とはいえませんね」と言われました。

そのほか不正の実態について資料をたくさんもっていきました。とりわけ研修生を土日にただ働きさせている問題や、ブローカーの実態などについてもしっかり話をきいてもらいました。

さらにその後、6時からフランス人ジャーナリストの取材があり、トヨタの足元で働く外国人研修生の問題をお話しました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

研修中の休日出勤

今日も関係者からの電話が相次ぎました。

Photo_2 岐阜県のリネン工場で働くGネット関係の研修生からはNから「私たちの問題はどうなりましたか?」彼女たちは研修期間に土曜は毎週、時には日曜も働きましたが研修手当は70,000円でした。2006年の10月は1日しか休んでいません。←出勤記録をクリック。

社員が休みの日曜日も工場長と研修生だけで作業です。

実習生になってからの残業代については雇用契約書とはまったく違う時間帯ですが、それでも年間2080時間をこえる分については残業代が払われていました。(超変形労働ですが)労基署も一応確認してくれました。

しかし、研修中の残業代になると入管も労基署も手をつけない全くの「不法地帯」です。

この工場の届け出職種は「カーテン工事作業」。しかし労基署の担当者も「みたことがない」といいます。研修生はカーテンのミシンがけは「JITCOの試験以外ではやったことがない」といいます。

明日、法務省の審議官に要請にいきます。研修中の残業実態資料をもっていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブローカーの存在

080824  3日に相談にきた三重県の研修生が今日事務所にきました。「会社が帰国時に全部払う」と約束してくれたそうです。10月に帰国ですので、会社が約束を守らなかったら連絡をくれることにしてスピード解決です。

今日の朝日新聞にブローカーのことが載っていました。正規の受入機関以外にブローカーが入りやすいのがこの制度の特徴です。ブローカーは「委託だ」「必要経費しかもらってない」と言いますが、実際にはベトナムでの面接から研修手当の管理、寮費までブローカーが介在していることがあります。

正規の受入機関だけであれば話しやすいのですが、ブローカーも入ると話は複雑。受入企業も管理費をそれだけ払っているので簡単には交渉に応じません。

現在寮費で交渉になっている企業については労基署に指導を求めることにしています。

また岐阜の別の会社では研修生に寮で格安の「内職」をさせていました。組合からの返事では「社長に折衝したところ、支払う意志がないとの事でした。そこで手続きとして、本人たちから労働基準監督署にも申告させたい」とのことでした。

岐阜の労基署も研修生問題でたいへんいそがしいようです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

研修中の土曜日はタダでいいのか

080821_2  相談にくる研修生のなかで毎月2~3回土曜日に仕事をしており、1日8時間を超えた分については400~600円が払われましたが、土曜日の分は1円も払われていないということがよくあります。これは送り出し機関との契約書が「1日8時間、週6日、休日は会社カレンダー」となっているためです。会社にとっては安い研修手当だけで土曜日はタダで使い放題です。

 昨日きたコクヤンの研修生は1年目に年間290日の出勤でした。隔週土曜日出勤で、研修手当は65,000円でした。1日が8時間で2320時間、7.5時間勤務としても2175時間。52週平均でも40時間を超えています。

 研修生が週40時間をこえて週6日、土曜日に働いた場合はどういう扱いになるのでしょうか。法務省は「所定時間外、休日等に作業を行わせるなど、研修計画に記載されていない作業をさせていた場合」を「不正」の類型としています。この場合受入機関に対する処分がありますが、研修生への手当または賃金の支払いについては触れていません。

 いっぽう、労働局の回答は「研修には労働法は適用されない」と残業代の支払いを指導することはありません。法務省と厚労省の谷間で不払い労働が「やり得」になっています。

 しかし、労働局も研修生が休日に他の事業所で働いていた場合には賃金の不払いがあれば違反だと言っています。研修「生」が資格外活動を行った場合、不法就労であっても労働法は適用されるからです。「研修」には適用されなくても研修「生」には適用されるのです。

 法務省は計画時間外の研修は認めていない訳ですから、残業は「資格外活動」です。企業に対し2倍くらいのペナルティを課さないと不正はなくなりません。

21日の朝日新聞にコクヤンの不正が大きく載りました。27日には法務省に対し対策を要請します。このとき研修中の不払いの問題についても実態を伝えてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土日・夜間相談窓口を要請

今日は愛知労働局に土日と夜間の相談受付などを要請しました。0808181

8月に入ってから3日に7件、10日に3件、今度の日曜日も相談が入っています。夏休み中には国際電話も入りました。またある監督署は「研修生本人の申告でなければ受け付けない」とのことでしたので、それなら3.25閣議決定した相談窓口を一日も早くおくよう求めました。全国一研修生の多い愛知にこそおいてほしいものです。

労働局もかなり多くの相談を(主に中国人)を受けているようでしたが、現状の体制ではこれ以上できません。補正予算での設置を本省に求めるよう要請しました。

その他にも給与明細が発行されないことや寮費・家賃のピンハネなどについて話し合いました。寮費はアパートなど賃貸の場合に0808182は賃貸料を上回る家賃は不正であることを確認しました。給与明細は労 基法で義務づけられていませんが、社会保険料のほか、税金についても計算書の交付が義務づけられているので、「税務署に告発する」というアドバイスもいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トヨタの足元で

トヨタの部品メーカーで中国人研修生の問題がまた発覚しました。中日8/12http://www.chunichi.co.jp/s/article/2008081290072309.html

津田工業は自動車の駆動系部品をつくっており、株の60%をトヨタとデンソーが所有するトヨタ系子会社です。

昨年の豊田技術交流事業協同組合の事件はもっと下の中小下請け企業でしたが津田工業は年商500億、従業員1600人の中堅企業です。

私のところに入った情報によれば、研修中の残業代に問題があり、研修生が何度も問題にしたが取り合ってもらえず、中日新聞の支局がこの情報をキャッチしたそうです。2年の研修生だけで79人ですから、実習生を含めれば100人以上になります。

トヨタ系では岐阜車体でも中国人研修生を100人規模でつかっています。今や外国人研修生は中小下請けが「やむにやまれず」受け入れるというより、中堅企業までが直接安上がりの労働力として導入する「人材ビジネス化」しています。

しかし、これほどの企業までが最低賃金に及ばない残業代しか払わないとは・・・。

トヨタの下請けコストカットはあまりに度を超しています。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

土日相談窓口を

今日も3件の相談がありました。うちGネット2件、コクヤン・アケボノ1件です。

政府は3月25日に閣議決定した「土日、夜間の母国語による相談」を未だに開設していません。愛労連にくる相談はほんの一部です。来てるのは友達から紹介されてここにたどりついたものです。080808

この間の事例を見ると、不正な受入機関、送り出し機関がいくらでもあり、その機関から入れている企業には不正行為が必ずと言っていいほどあります。愛労連や他の労働組合に相談できたのはラッキーなほうで、圧倒的には未だに泣き寝入りだと思われます。

愛労連は、法務大臣へ緊急に体制を整備するよう要請書を送りました。

法務大臣保岡興治殿                

名古屋入国管理局長殿

20088月8日  

愛知県労働組合総連合

議長   羽根 克明

外国人研修・技能実習への相談体制整備等緊急の要請

日頃、行政の円滑な運営に努力されておりますことに敬意を表します。

さて外国人研修生・実習生からの愛労連への相談が急増しております。私どもは3月24日も貴職に要請を行いました。その翌日325日の閣議決定では「研修生・技能実習生が、母国語で実情を率直に相談し、かつ、必要な支援を受けることができるよう、『外国人研修生・技能実習生ホットライン(仮称)』を開設し、平日に加え土・日曜日や夜間等を中心に、中国語、ベトナム語、インドネシア語等の研修生・技能実習生が母国語で相談に応じられる体制を早急に整備し、かつ、研修生・技能実習生に周知する。併せて、上記相談で得られた情報を関係機関に取り次ぎ、受入れ機関の不正行為の発見及び研修生・技能実習生に対する保護の実効性を高める。」【平成20 年措置、以降継続実施】(Ⅲ法務ウ⑦f())とされました。

現在コクヤンとエイライン・Gネットに関する調査が行われていることと思いますが、この派遣局・組合の研修生・実習生からの相談が急増しています。3月に指摘しましたように、母国での契約書段階から法違反の内容があり、不正の実態はかなり広がっていると思われます。コクヤンからの入国者は現在千人程度ですが、不正裁定がされた場合には保証金の返還や新たな受入先確保への不安から大量の失踪者を生みかねません。

そのため至急以下の措置をとられるよう要請いたします。

1.コクヤンからの研修生に保証金がきちんと担保されるよう環境を整備すること。

2.受入機関が不正裁定を受けた場合、国の責任で新たな研修・実習先を確保すること。

3.3.25閣議決定した措置事項を直ちに実行すること。

このため名古屋入国管理局の体制を緊急に増員・整備すること。

4.上記に対応するため、補正予算で予算化を図ること。

以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベトナムからのメール

5月に帰国した、元トヨタ下請で働いていた研修生Lからメールが届きました。彼女は今、ホPhoto ーチミンでツアーガイド養成コースの学校に通っています。研修生にはベトナムに行ったら「333」をたっぷり飲ませてもらうことになっています。いつか旅行に行くのが楽しみです。

kuremastusan!kombanwa, watashiwa betonamu no  L desu.kuremastusan wa ogenkkkidesuka?kazoku no minnasamamo ogenkidesuka?watashiwa genkidesu.watashi wa betonamu e kaetekara ima made 2kagestu ga tattanoni imamo kuremastusan ni renrakushimasu gomennasai.nihon ni imashitatoki kuremastusan kara iroiro osewaninarimashita.arigatogozaimashita.watashiwa kaetekara ima made mainichi sugoku isogashidesu.ima, watashiwa stuaagaido yoosei koosu gakkoo de benkyoo shiteitemasu. watashi no gaido no semon wa minamibetonamudakeshi mainichi gakko de benkyoosurushi hayakute 9gastu ni dekimasu.9gastu kara watashiwa  nihongode gaido ni narimasu. sono toki kuremastusan to kazoku wa HOCHIMINHshi e ryoko ni irashitekusaine.romaji de kakukoto wa muzukashinode yominikui desune.jikai , watashiwa kirede takusan koto o kakimasu.2008/08/06 20:56

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本語学校を使って

こんなメールが入りました。

Gと関係がある企業で、E-Cという会社があります。
ここのHとIは、Tという日本語学校を利用して、お金を儲けています。
本来、日本語振興協会は日本語学校が学生にアルバイトを斡旋してはいけないと言っています。
しかし、この学校では人材派遣会社を通して1割以上のお金を取っています。
就学生は本来長時間労働を禁じられているのですが、それでは生活も何も出来ません。
だから、我慢して黙って働く他はありません。
Hは元々この学校の経営者で、今はIが経営者になっています。しかし、二人は共にE-Cという会社を経営していて学校内でその運営をしています。Photo_2

専門学校や日本語学校を使って留学生を不法に働かせる新手の人材ビジネスがあるという 話は聞いていました。この間、関わってきた会社でこんな勤務表をみたことがあります。このメールでこの勤務表の派遣欄にある「学」という意味がわかりました。この派遣社員はベトナム人で、シフト表では週70時間働いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は7社18名が相談

今日は新たな5社含めて7社18名が事務所にきました。研修生のT君とM記者にも手伝ってもらいながら通訳、資料のコピー、HPで会社情報の検索をしながら午後までかかって、相談内容を聞き取りました。新規の内訳は

コクヤン・アケボノ関係3社、FIMEXCO・マーグ関係1社、AQUAEPEXCO・Gネット1社

他の2社はGネット、Kクリエイトです。

内容的には法律違反のものばかりですので会社は言うことを聞くしかないと思います。すぐにやろうと思います。

しかし問題は、この相談件数の多さはたいへんな数です。3.25閣議決定できめた土日・夜間の相談窓口はいつになったら始まるのでしょうか。内閣改造も済んだことだし、直ちに実行に移してほしいものです。Kurechanman

コクヤン関係だけでも1000人はいると言われています。これをすべて愛労連にやらせるつもりでしょうか!政府のやる気のなさに、そろそろたいへんを通り越して、〝怒り〟になっています。

早くせよ。福田内閣

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »