« 外国人研修生問題弁護士連絡会が意見書 | トップページ | 3月27日にシンポ »

第一次受入機関への監督責任を

どうも今日までには法案がまとまらなかったそうです。不正問題が相次ぐ一方で、業界団体からの要求が強く各省からの抵抗があって法務省のとりまとめに時間がかかっているようです。

法改正にむけて重要な論点は第一次受入機関に対してどこが一元的に監督するかということです

労働者派遣法のように県別にどの事業者がどこに何人派遣しているか届けさせることも必要です。そのことで「組合ころがし」「名義貸し」、ブローカーの介入などを防ぐ必要があります。

研修生を受け入れている中小企業の中には最低賃金などの法律を守り、制度の趣旨を良く理解されて研修生とも信頼を深めている方も少なくありません。私たちはこの研修制度をきちんと守っていれば、中小企業にとっても出稼ぎに来る外国人研修生にとっても、またアジアの人々との共生をすすめる点でも非常に有効な制度だと考えています。

しかし、国際労研事件や西尾市の贈賄事件に見るように研修生ビジネスとして利益に群がる組織が入り込む余地がありすぎます。第一次受入機関がきちんと監理を行わなかったり、法外な管理費を取っているもとで最賃違反や寮費でのピンハネがおきています、しかし現行制度では不正処分されるのはほとんどが受入企業で、よっぽどのことが無ければ第一次受入機関を不正処分することはできません。

さらにGネットや国際労研のように処分を受けても、組合の名義を変えれば実質的には何の痛手もありません。HPを探せば「外国人研修生を受け入れられる組合」が売買されています。

トヨタなど下請単価を3割も引き下げてきたり、大手デパートの担当者が最初から600円にも満たない労賃で仕切ってきたりすることがあるのは十分承知しています。愛労連は中小業者と一緒にトヨタとのたたかいを行っています。業者のみなさんは歯を食いしばっても最低賃金は守ってくれているので、私たちも下請単価の引き上げやべらぼうな管理費をとる組合に対する要求があれば協力させてもらいます。

|

« 外国人研修生問題弁護士連絡会が意見書 | トップページ | 3月27日にシンポ »

外国人研修生」カテゴリの記事

コメント

べらぼうな管理費・・・
昔からの老舗はかなりあくどいですね。
東京の●●交流とか大阪のオー●●算とかひどいですよ。

老舗をつぶせばいいと思いますね。

投稿: まめ | 2009年2月25日 (水) 20時18分

愛ローレン様

研修事業に携わる者にとって、率直な今の気持ちは「何でもいいから早く決めてくれ~」だと思います。


まぁ、どんな改正になっても、それを遵守するしかありませんからねぇ・・・。


どこが第一次受入機関を一元管理するかという点につきましては、筋論から考えると組合等の設立認可をした都道府県知事や主務大臣ではないでしょうか?


当然に、認可責任があるわけですからね。


知事や主務大臣が設立認可した団体を、厚労省や法務省が一元管理するというのも、何かおかしな話だと思います。

また、今回の改正案では、不正行為認定を受けた場合の受入停止期間を3年から5年に延長するようですが、これも実効性には乏しいようですね。


悪質な事例を除き、不正行為認定を受けた企業名は公表されていません。


実際には、マスコミ報道された何倍もの不正行為認定があるわけですから、少なくとも、JITCOや入管のホームページで、その企業名、第一次受入機関名、送出し機関名を公表し、同時に社会的な制裁を受けさせるべきだと思います。

投稿: 小弟弟 | 2009年2月25日 (水) 23時10分

不正行為認定を受けた企業、組合を公表しないため、何もなかったかのように、いまだに研修生が不正行為認定企業に在籍しているということが多数あり本当にこの研修生事業に疑問を持っています。しっかり管理できるような法律をつくってほしいです。そうでなければ、外国人がかわいそうでなりません。

投稿: | 2009年2月27日 (金) 19時32分

以前関係者でしたが、上の投稿者達は本当に不正行為認定を受けた企業、組合の末路を知ってるのですか?
自業自得といえばそれまでですが、それによって倒産した企業もあるし、組合にもまじめに企業、研修生のために働いている人たちがいます。
軽々しく社会的制裁を加えると言わないでください。
現在研修生制度に携わる人ならなおさらです。

投稿: asdf | 2009年3月 1日 (日) 00時16分

asdf様

もちろん、不正行為認定を受けた会社の顛末は知っています。

安い工賃、限られた納期の中で苦しい経営を強いられる中小零細企業の実情も理解しています。

だからといって、研修生の低賃金や長時間労働、それに伴う人権侵害行為を正当化できるのでしょうか?

私が社長なら、そんなことをしてまで自分の会社を生き長らえさせようとは思いません。

潔く廃業、自己破産の道を選びますよ。

まぁ、今日の研修生問題は大手企業のエゴや産業構造が招いた悲劇かもわかりませんね。


また、企業や研修生のことを思って頑張っている組合の職員もたくさんいます。

でも、真剣に企業や研修生のことを考えていればいるほど、懲りない悪質企業や組合を憎むのは当然ではないでしょうか?

やはり、悪質企業は社会的制裁を受けるべきだと思います。

それによって取引停止、廃業、倒産に至っても自業自得です。

自分の蒔いた種は自分で刈り取ることが原則ですからね。

別に軽々しく言っているつもりはありません。

投稿: 小弟弟 | 2009年3月 1日 (日) 01時39分

asdfさま

>>軽々しく社会的制裁を加えると言わないでください。

私も組合の人間ですが、自信があるから社会的制裁はあっても良いと断言できます。

法律どおりやってますので。

投稿: | 2009年3月 1日 (日) 02時21分

色々ご意見ありがとうございます。
まず、労働基準法違反は犯罪ですので法的に罰せられなければなりません。人権侵害も同様です。
それはあくまで法的制裁であり、社会的制裁が必要かどうかは疑問です。悪質な行為をした社長は罰せられる必要はあっても、その会社には無数の関係者がいます。その人たちまで巻き添えにするのはどうでしょう?
また、会社はどんな方法を使ってでも会社を存続させようとします。脱税、書類偽造など当たり前です。建前で飯は食えません。自営業を経験した人なら誰でもわかることです。
法律遵守ですが、現状の制度ではグレーなところが多すぎることはこのブログで何度も取り上げられてることです。どこから法律遵守の自信が出てくるのか全く理解できません。労働基準法だけが法律ではないはずです。
余談ですが、入国時以外の研修生の坐学など非実務研修の実施を提出書類どうり行っている企業はあるのでしょうか?

投稿: asdf | 2009年3月 1日 (日) 11時41分

asdfさま
>>現状の制度ではグレーなところが多すぎることはこのブログで何度も取り上げられてることです。どこから法律遵守の自信が出てくるのか全く理解できません。

労働関連法案遵守はあたりまえで、組合としては1年目の残業・休日出勤・座学の指導くらいではないですか?これだけですよ。ちゃんとできると思いますが。

>>入国時以外の研修生の坐学など非実務研修の実施を提出書類どうり行っている企業はあるのでしょうか?

昨年の12月の指針変更あたりから、座学をやっているところが多いです。非実務も1日1時間やっても月20時間です。朝のミーティングと終わりのミーティングで1時間は過ぎます。場所によっては、組合職員が企業を訪問して非実務を行うところもあるようです。

投稿: | 2009年3月 1日 (日) 12時14分

↑の者ですが
昨年の12月ではなく一昨年のです

投稿: | 2009年3月 1日 (日) 12時15分

asdf様

貴方は、以前関係者ということですが、不正行為認定を受けた企業や組合に在籍されていた方なのでしょうか?

書き込みからは「やむを得なかった」、「どこでもやっている」等、不正行為で摘発された会社の社長らに共通する、自己の行為を正当化した責任転嫁型の弁解の意図が読み取れますが・・・。


>また、会社はどんな方法を使ってでも会社を存続させようとします。脱税、書類偽造など当たり前です。建前で飯は食えません。自営業を経験した人なら誰でもわかることです。

これは暴論ではありませんか?

会社を存続させるためなら何をやってもいい訳ではありません。

会社の利益が上がらないから研修生を犠牲にする。

運転資金がないから銀行強盗をする。

発想の次元には大差ないように思います。

でも、今の問題を引き起こしている会社の社長の多くは、このような発想なのかもわかりませんね。


まぁ、私はユニオン等支援団体の人間ではありませんので、彼らの偏った情報発信には激しい憤りを覚えていますが、少なくとも「ダメなものはダメ」という部分については意見が一致しています。

投稿: 小弟弟 | 2009年3月 1日 (日) 13時59分

asdf様

普通の組合、企業はたくさんあります。あなたの今までの書き込みを拝見すると、問題のある第一次受入機関 第2次受入機関またはその関連のところに在職されていたから、不正企業をも擁護するような発言なのでしょうか?

投稿: | 2009年3月 1日 (日) 15時50分

色々叩かれていますが、不正企業、不正機関の肩を持つつもりは一切ありません。

ただし偏った情報、考え方、偏見には事情を説明してるつもりです。

それがどう映るかは読む人次第だと思います。

投稿: asdf | 2009年3月 1日 (日) 21時34分

ちょっと出かけているうちにコメントがたまっていました。活発な論議ありがとうございます>皆様
この一週間は4回も終電で、今日も仕事が入っていましたので、やっと見ることができました。
今は派遣切りなど労働相談が倍増していまして、研修生の支援は本業ではありませんので・・・
さて、不正をした企業への処分についてですが、私もいろんなケースをみてきました。この2年で100社ほどの研修生からの相談がありました。結論的にはさまざまです。確信犯的に悪いところもありますが、しかし従業員を使っているという点では一定責任感もあり、ある程度のところまでは努力してくれています。
受け入れ企業に比べると組合やブローカーには社会的責任感のないところが多いように感じます。というか、決定的に悪い組織が存在し、数も少なくないと思います。組合の売買やブローカーの介在を監督する実質的な制度がないからだと思います。国際労研をみれば、受け入れ停止になんの意味もないことがわかります。

投稿: 愛ローレン | 2009年3月 1日 (日) 21時53分

私の知っている研修生組合は、組合員である会社に業務依託して運営しているそうです。
とくに不正行為の話も聞いていませんが、こんな場合もブローカーになるのでしょうか。

投稿: | 2009年3月 1日 (日) 22時53分

地方都市は不正の温床ですね。特に愛知は某自動車メーカーからの執拗なコストダウン追求からこのような労働基準法から逸脱した企業の不正が目立ちます。これはきっと日本人労働者に対しも行われてる状況でしょうね。外国人の不法就労もたくさんだし、世界一のトップメーカーの傘下はもしかしたら国内屈指の労働法規が守れない地域かもしれないですね。
日本は法治国家でありながら得てして労働法規が放置状態な国でもあります。詐欺国家である典型な事例かもしれません。

投稿: | 2009年3月 2日 (月) 09時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第一次受入機関への監督責任を:

« 外国人研修生問題弁護士連絡会が意見書 | トップページ | 3月27日にシンポ »