« ついにテロ組織に | トップページ | 会社は都合のよいことだけ »

外国人研修生不正が452件

外国人研修生への不正行為、過去最多 悪質な労働続く

Asahi com 2009年4月10日19時29分

http://www.asahi.com/national/update/0410/TKY200904100256.html

 低賃金労働の温床だとの批判が強い外国人研修生・技能実習生制度で、08年中に「不正行為」を認定された受け入れ機関が452にのぼり、過去最多となったことが法務省入国管理局のまとめで分かった。土日や夜間に作業させたり、最低賃金以下で働かせたりしている悪質な実態が続いている。過去最多だった前年の449機関をさらに上回った。

 事業協同組合などを通じて研修生らを受け入れる中小企業が416機関と9割以上を占めた。その内訳の上位を業種別にみると、繊維・被服関係が148、機械・金属関係が81、食品製造関係が62などとなった。クリーニング業者が10カ月にわたり、研修生に月80~160時間の残業や休日出勤をさせていたり、縫製業者が実習生に時間外労働をさせながら、時間外の賃金を時給200円しか払っていなかったりしたケースがあった。

 受け入れ機関は全体で4万近くにのぼるが、不正行為を認定されると3年間、研修生らの受け入れが禁じられる。法務省は、研修生らを保護するため、今国会に提出している出入国管理法改正案に伴い、不正があれば受け入れ停止期間を5年に延長する方向で検討している。

機械・金属が81ということは私が告発したA組合関係で38社あるので半分・・ちょっと少なすぎるか。それもそうだが、全国にその十倍以上が告発されている。私のところにくるのは氷山の一角だということだ。

|

« ついにテロ組織に | トップページ | 会社は都合のよいことだけ »

外国人研修生」カテゴリの記事

コメント

労働者を抱える法人の数は全国で250万社あります。
10%が不正をしていたら25万社です。
500?
バカみたいに少ない数値であり、労働問題を語るには値しない数値です。
外国人研修生を受け入れしてる団体は1900団体あら、年間10万人近い研修生が来日します。

昨年からの不正行為が団体監理型で9割とか、不正行為に該当する研修生が500人とかは、氷山の一角というよりか、否定派と肯定派と、国と受け入れ側のただのいたちごっこでしかありません。

研修生、研修生、って言うけど、日本が日本人を雇う環境に労働法規が成り立ってないから、バカみたいに研修生問題を責めても国の思うつぼです。

研修生とか、単純労働者とかバカみたいな討論はやめて、早く日本の労働問題を語るのが、得てしてここの討論につながっていくと私は思います。

投稿: | 2009年4月12日 (日) 05時14分

本当にそう思います。研修生はもともと労働者ではないのに、何故か労働組合が介入する人間になっていて、実態は日本の労働者になっていて、日本の労働法規はゆるゆるで、このブログはなーにも分かってないですわ。

投稿: 賛成 | 2009年4月12日 (日) 06時17分

コメントくださる皆さんへ
先にも案内しましたがお名前お願いしますね。

さて、「研修生も労働者である」というのが愛ローレンの立場です。「研修」であっても実態が拘束された労働であれば労働法規を適用する必要があることを主張してきました。少なくとも日本人の労働者は研修中も賃金が払われます。やっと今回の法改正に盛り込まれました。
今後は少なくとも「研修生は労働者ではない」から、「労働していても労働法が適用されない」ということはなくなります。
ただし、派遣切りなど日本人にも労働法が守られていない現状であり、外国人はもっとひどい状態です。
これはブログ「労働相談110」の方をご覧ください

投稿: 愛ローレン | 2009年4月12日 (日) 20時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外国人研修生不正が452件:

« ついにテロ組織に | トップページ | 会社は都合のよいことだけ »