« 入管法審議始まる | トップページ | 団体の監督はこれでいいのか② »

団体の監督はこれでいいのか①

1_2 制度改正要求についてたくさんコメントいただきました。昨日まで行われた全労連「非正規全国交流集会」(ブログ愛労連)の外国人労働者分科会では「団体監理型は廃止しかない」という意見がありましたが、愛労連としては先に紹介した団体の監督強化で厚労省、法務省宛に要望書を提出しました。「korohomu.doc」をダウンロード

事例としてあげた国際労研の事業報告書です。報告書は1枚。添付は受入企業の一覧(略)、と決算書(別紙「kokusairoken.pdf」をダウンロード

決算書を見ると7.3億円の収入は100%が研修生受入事業になっています。人件費は5万円ですので、すべて委託になっていることがわかります。事業の実態は委託先である「国際労研研修事業本部」(KSD事件のN氏が関与)がすべてを担っており、そこからテックワークのような派遣会社などが「国際労研○○支部」を名乗って事業を行っていました。しかし、事業本部や派遣会社は国際労研とは全く別の組織で、委託先でしかありません。

今回、国際労研は「改善勧告」を受け、研修生事業を停止されましたが、事業本部ごとすでに手配済みの他の協同組合に移しただけです。

この法人を管轄しているのは「厚生労働省参事官室」です。「団体の監督」が「届け出制」という制度上の問題点があります。・・・・続く

|

« 入管法審議始まる | トップページ | 団体の監督はこれでいいのか② »

外国人研修生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 団体の監督はこれでいいのか①:

« 入管法審議始まる | トップページ | 団体の監督はこれでいいのか② »