« 団体の「責任」とは | トップページ | 改正入管法が成立 »

残業代は500円、社長は豪邸

福島の研修生が残業代の支払いを求めている事件です。

「地球市民の働き方ネットワークNEWS2」から

福島県の中島村で、外国人技能実習生の賃金や待遇に関する問題が生じ、重大な局面を迎えています。会社側は残業代・差額賃金などをいったん支払うとした労使合意を翌々日には完全に破棄し、倒産。実習生らに一切の保障を行わないことを表明しました。
このベトナム人8名はすべて20歳から30歳代の女性です。本人たちは時給300円から500円ほどで、日曜も休みなく朝8時から夜10時まで三年間働いて、それでも手取りは月5万円ほど。休日は年に数日しかなかったといいます。

実習生らは「福島県労連」に加盟し、交渉。630日に会社側はいったん、「最低賃金との差額給与と未払いの残業代は支払う。交渉は続ける」と述べ「確認書」を交わしたにもかかわらず、翌72日には会社を倒産させました。

そもそも会社側は、当初、団体交渉に一切応じず、引き延ばしを図っただけでなく、団体交渉の中ですら、「安くで働かせるために実習生を使った」、「ベトナム人実習生が残業をやりたいと言うから、やらせてやった。時給500円は本人たちも合意している。その約束を実習生らが破った。だから資金繰りがつかなくなり、倒産した」などと、あたかも自分らが被害者であり、実習生らに非があるとする発言を繰り返しました。

しかし、最低賃金の半分の違法な時給で働かせていなければ、長時間の過酷な残業など必要ありませんでした。

周到に準備された計画的な「倒産」の可能性も指摘されています。

また、研修生寮とは名ばかりの一部廃屋に近い「寮」は、一棟に20名近くを詰め込み、木組みの粗野な半畳ほどの空間で寝泊まり。ニワトリ小屋のようで、シャワー室も不衛生、ネズミのフンも散乱。ここで女性らは、三年間を過ごし、会社はさらに「寮費」と称し、月28,000円も徴収していました。郡山や白河はもちろん一度も行ったことがなく、実習生らは近くのスーパーの向こうに何があるのか知らなかったといいます。

.今後、未払い給与立て替え払いなどの申請予定ですが、一ヶ月近く無収入で生活せざるをえません。会社側は、水光熱費の支払いすら拒んでいます。食料もありません。帰国の航空券代も払わないと言っています。

「ベトナム人実習生をささえるカンパ」に協力いただけるよう心よりお願い申し上げます。

使途予定: 生活物資差し入れ資金、水光熱費援助、帰国費用一部援助

2.現地へ行って、差し入れや生活支援をおこなっていただける方、実習生らの移動などに車を出していただける方を募集します。ビザ更新などで郡山に移動が必要です。また、支援方法に関するアイデアを募集します。

<連絡先 地球市民の働き方ネットワーク臨時事務局>

○ネットワーク事務局 坂本恵 

電話 024-548-8301 メールは、murakami@ads.fukushima-u.ac.jp

|

« 団体の「責任」とは | トップページ | 改正入管法が成立 »

外国人研修生」カテゴリの記事

コメント

研修制度発足当初、一次機関による研修生受け入れ
拡大のセールストークが”安い労働力”でした。

その”安い労働力”が土台となって、特に古くから
この制度を利用する企業においては、今般の「法令
遵守」の風潮に対する抵抗は相当なものです。

そもそもこの制度導入スタート時のやり方がまずか
った。
”何を今さら法令遵守なんだ”という気持ちを抱く
のも仕方のないことです。

現に月5万円と言えど、アジア諸国の貧困地域の若
者にとってはとても魅力的な額です。それは現在で
もそうであって、「賃金格差」の現実がある以上、
法令無視の労働者流入は避けられないでしょう。

そうした現実を捉えるのであれば、何も日本の労働
各法の適用を優先するのではなく、
 ①研修生の生活保障
  生活環境を整え、円滑な暮らしが出来ることを
  保障する
 ②休日、有給休暇取得の義務
  適切に休日を与える
 ③最低限の手取り保障
  例)出身国平均賃金の3倍とか
のように、働く環境の方から見直すべきかと思うの
です。

確かにある面からすると「研修制度」から大きく逸脱
することかも知れません。
が、「各国への技術移転」を考えた場合、制度を利用
し易くしておく必要があるのも確かではないでしょう
か。

”法令遵守”を盾に全体コストが上がり、利用出来な
くなるのは”もとのもくあみ”というものでしょう。

であれば、せめて”働き易い、暮らし易い環境”造り
を徹底し、賃金は労働者個人の納得出来るレベルでと
捉える方が理想的と思うのですが。。。


投稿: bavel | 2009年7月 8日 (水) 14時20分

bavelさんへ
全く その通りだと 私も思います。

投稿: MR-SIN | 2009年7月 8日 (水) 18時35分

Babelさん、MR-SINさん
愛労連は中小企業のみなさんとは懇談する場をもっていますので、事情は了解しているつもりです。
単純労働受入については、統一した見解はできていませんが、中小企業が一定の負担をしながら、研修生を受入、中小企業にとっても人手不足をやりくりしてきたことは意味があったと思います。外国人との共生という意味でも評価しています。
ただし「技術移転」というと?ですね。

投稿: 愛ローレン | 2009年7月 8日 (水) 20時49分

”単純労働の受け入れ”
確かに現状制度での「技術移転」は?ですが、本音=
単純労働力のみで認めてしまうと、全てが崩れてしま
うのではないでしょうか?
愛労連さんが書かれたベトナム人研修生記事のような
悲惨なケースが更に拡大するかと思います。

「外国人労働者を受け入れる」にはどうあるべきか?
今最も問題になっているのは、”人として扱われてい
ない”という”人権問題”の部分です。

休みが無い、部屋が汚い、不正な住居費の天引きなど
人を人として扱っていないといった部分が大問題なの
であって、「賃金改善」を優先に考える=賃金だけフ
ォーカスされるのはおかしくはありませんか?

仮に前記事のベトナム人研修生が、住み良い住居、適
切な休みを取得出来、また同僚からもかわいがられて
いたとしたら・・・。
この問題=最賃割れは表面化していたでしょうか?

”最賃”、”最賃”と「お金」だけの部分で周りが騒
ぐので、”もらえるなら私も”と表面化してくるので
す。今後も一層増えるでしょう。
そして制度を利用する企業が減る。。。
利用出来るのは法令を遵守出来る企業だけになる。

これはこれで良いのでしょうが、外国人に依存せねば
ならない産業・企業はどうなっていくのか。。。

「研修制度改善」には、まずお金よりも働く環境保障
を優先した考えが必要でしょう。


投稿: bavel | 2009年7月 9日 (木) 09時46分

bavel さん
”人として扱われていない”という”人権問題”の部分
が、確かに重大な問題だと思います。
研修生に限らず、外国人、とくにアジアの外国人に対する(意識・無意識に関わらず)差別があると思います。
先日、イタリア村事件を担当された方から「欧米人に対しては全く対応が違った」と聞かされました。経営者がイタリア人やルーマニア人に対しては日本人と全く変わらぬ対応をしたそうです。
愛ローレンは労働団体ですから最賃違反を見過ごすわけには参りません。中小企業でもこれはダメです。

投稿: 愛ローレン | 2009年7月 9日 (木) 14時35分

最近のbavelさんのコメントにはすごく共感できます。

投稿: asdf | 2009年7月 9日 (木) 22時41分

技術移転名目で来日して実際は単純労働・3K職場がほとんどと言うまやかしの制度運用
研修・実習生たちの無知に付け込んで最賃違反をするチンケな経営者は言語道断
最賃違反が表面化しなければいいとでも思っているのでしょう
しかも疲れをいやすための寮も整ってなく法外な寮費…
本で読んだ女工哀史や戦中の外地からの動員者や捕虜によるタコ部屋労働のようです

アジア人蔑視も甚だしい
実際に技術移転で制度を利用している会社を知っていますがそういうところが迷惑をする
制度の在り方や運用を見直さなければいけない時期に来ていますね

投稿: S | 2009年7月10日 (金) 01時03分

bavelさんのコメントにはすごく共感できます。
新聞記事等々いろんな意見が書かれ
またそのコメントが書かれています
ほとんどが一方的また偏っているように
私は思っています

「最賃違反が表面化しなければいいとでも思っているのでしょう
しかも疲れをいやすための寮も整ってなく法外な寮費…
本で読んだ女工哀史や戦中の外地からの動員者や捕虜によるタコ部屋労働のようです」
「アジア人蔑視も甚だしい」

確かにこのような会社もあるでしょう

私の会社にも実習生がいます
でも私の知る限り(同業者、組合員)そのような方は
いません
皆さん努力されています
それから
「残業代は500円、社長は豪邸:」このタイトルおかしいです
このような書き方をされるなら
「派遣社員00000円、トヨタ社員00000円、トヨタ社長は豪邸」
だと思いますが・・・

投稿: abc | 2009年7月10日 (金) 09時27分

私の知る某有名企業では、”最賃”は守られています
が、生活環境の不備が見られる会社がいくつかありま
す。
また中には、研修生・外国人に対する偏見的な行為が
見受けられるところもあります。

”法令遵守”といって、法に従うことのみで論議する
のではなく、もっと現実に彼ら・彼女らに何が必要な
のか考えなくてはならないのではないでしょうか?

投稿: bavel | 2009年7月10日 (金) 18時50分

労働組合の事はよく知らないけど
本来は労働者の働く環境を保障するのが
仕事ではないのかな?
最賃違反は労基の仕事だと思う。

投稿: asdf | 2009年7月10日 (金) 23時10分

この組合のことは、存じませんが
最近 研修生、実習生に群がる金儲けの組合が
多いですね
また、弁護士も

投稿: | 2009年7月11日 (土) 11時34分

Wikipediaですみませんが「労働組合とは、賃金労働者が、その労働生活の諸条件を維持または改善するための恒常的な団体である」とありますね。

労働者全体の給料アップでストライキは起こしても、一部の外国人労働者の最賃違反を労働組合が取り締まるというのはお門違いのような気がしますがどうでしょう?

また市長選を争う人が、本業そっちのけで他所の銭勘定をしているのもどうかと思います。
市民が見たらどのように映るのでしょうかね。

投稿: asdf | 2009年7月12日 (日) 00時09分

asdfさんへ
愛労連は労働組合法第2条で「……労働者が主体となつて自主的に労働条件の維持改善その他経済的地位の向上を図ることを主たる目的として組織する団体又はその連合団体をいう」の「連合団体」です。
春闘、一時金交渉、労働時間短縮や労働災害防止などの職場での労働条件改善と、最低賃金の引き上げなど制度的、社会的に向上させる運動など幅広く行っています。
裁判所委員、労働審判員など行政関係や、様々な団体にも役員を派遣しています。最近では派遣村にも役員を出しています。
私たちは自分の会社だけよければよいという「企業内労働運動」ではなく、中小企業団体などと協力して下請法の遵守や中小企業への支援要求などにも取り組んでいます。
無料労働相談も行っており、毎月200件をこす相談がります。外国人労働者・研修生・実習生からの相談もその一部です。

投稿: 愛ローレン | 2009年7月12日 (日) 15時08分

労働組合の存在は私は日本人として好きではありません。
日本ほど労働法規が遵守されていない国も珍しいでしょう。
だから労働組合も存在する。
色んな議論がされてますが、私は日本においてあまりにも、働く環境や労働法規を守らない、いや知らない、いや無関心の環境が強いですね。
私は政治を考えます。このブログは外国人研修生や実習生を取り上げていますが、実はもっと日本国内において人が働くという環境や法律を議論しないといけないと思います。
外国人研修生と実習生に限った議論は得てして、日本人には置き換えられないから、利用した議論と私は考えています。

投稿: 外国人労働者研究所 | 2009年7月12日 (日) 20時40分

研修生を助けなければいけないのだろうけど、県労連のせいで、研修生も会社もみんな駄目になってしまった。研修生は帰国も出来ず、働くことも出来ず、会社の倒産で日本人の従業員も働く場所をなくしてしまった。
研修生の味方になっているようだけど、果たしてそうなのか。やっていることがただの金取りにしか見えない。お互いが良くなる為にもっと違うやり方があるのではないかと、とても憤りを感じる。

投稿: | 2009年7月12日 (日) 23時34分

「利用した議論」とか「日本人の従業員も働く場所をなくしてしまった」は本末転倒もはなはだしいと思います。
問題の本質を見失っています。
「県労連のせい」なんてとんでもありません。
労働法に人種差別はありません、人種差別はあってはなりません。
「日本人に置き換えられないから」ではなく「置き換えることができない」方々なのです。
日本人は「相手の気持ちになって考える」ことを忘れてしまいましたね

投稿: S | 2009年7月13日 (月) 00時27分

「日本人は「相手の気持ちになって考える」ことを忘れてしまいましたね」
そういう人もいますでしょうね

でも研修生の気持ちになって考えて後で
大変な事になった会社や、
個人経営者がたくさんいることも事実ですよ
法律以前の問題だとおもいます

たとえば 研修生が
「残業が欲しい、保証金のための借金でお金がいる」
「残業代は安くてもいいです」
経営者は「最低賃金x1.25倍払う義務」
がありますので
「だめです」といいますね
何度も何度も研修生がいいにきます
根負けして
残業を少し安く時間を長くします
2年たった時には、かなりの金額になります
帰国まじかに「基準局」「労働組合」等に訴える
経営者にとっては詐欺にあったのと同じ感覚
になると思います
だったら最初から
言わなければいいし
安いというなら、その時点で
会社に訴えればいいとおもいます
これは
3年たって帰国する時点の金額が
来日時
自分の思っていた金額の差が大きい人程
その様な行動をとりますね
だから一概に
「日本人は「相手の気持ちになって考える」ことを忘れてしまいましたね」
とはいえないとおもいます
今もその様な事で悩んでいるかたも見えるでしょうし
でも
法律は守らなければ、とはおもいますね

投稿: abc | 2009年7月13日 (月) 09時59分

全く「相手の気持ちを考えること」を忘れてなんかいません。

相手のことを考えたから、味方になるならもっと違うやり方があったのではと思うのですが違うでしょうか。

現に、今回のやり方で、日本人も研修生も働くことができなくなっている。
そして、これから期限が満期になって、また新しい研修生がくるはずだったのに、働けなくなってしまった。
帰国も出来ず、働くことも出来ない。

だったら、会社経営をやっていけるようにしながらも今の状態を改善して研修生を見守るべきだったのではと思うのですが。
会社を潰してしまったら何も解決出来ないと思います。

投稿: | 2009年7月13日 (月) 13時49分

たくさんのコメントありがとうございます。初めて参加の方にお願いしますが、お名前(ハンドルで可)をお願いします。
さて、この事件の組合は、昨年も研修生の貯金を返さなかったことで問題になった組合です。未だに返さず、今回はすぐに処分がでることになりました。入管も目をつけていたのだと思います。
いろんな立場からのコメントがありますが、この外国人研修・実習制度を続けるためには、どのような事情があれ制度と最賃などの法律を守るしかないと思います。
不正な団体がこれほど多い状況では、制度の存続そのものが危ういと思います。

投稿: 愛ローレン | 2009年7月13日 (月) 16時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 残業代は500円、社長は豪邸:

« 団体の「責任」とは | トップページ | 改正入管法が成立 »