« 前後1時間は不払い | トップページ | 「団体の責任」を監督する方法を »

中華料理店で

中華料理店で働く中国人からも相談がきました。

「お店の70%の仕事が一人で任されているのに、年中無休で月10万円、給料明細なし。健康保険もない、病気のときも休まず、病院も連れていってくれない。オーナーからは『これで働かないと中国に送り返す』と言われている」

彼は研修生ではなく技術職ですので、勤務先を選ぶことができますが、ビザのこととか心配なので相談にきました。技術職でビザを取るためには雇用契約を決めておかなければなりません。転職した場合には以前の店の退職照明と新しい勤務先の雇用契約書が必要になります。

明らかな労基法違反ですから、労基署に申告すれば、退職証明がなくても入管は就労資格証明を出してくれます。彼には新しい店が見つかったらすぐに入管にいくように勧めました。

|

« 前後1時間は不払い | トップページ | 「団体の責任」を監督する方法を »

労働相談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中華料理店で:

« 前後1時間は不払い | トップページ | 「団体の責任」を監督する方法を »