« Y社長が怒っている | トップページ | 法務大臣「おっしゃるとおりだと思います」 »

制度改正を繊研新聞が特集

Asahi100318 今日の朝日(3/18)には「新制度で不正対策は大丈夫か」という「記者の視点」が掲載されています。記事では「新制度は1次機関が不正行為を指南する例さえある」と団体への監督が不十分な現状を指摘している。

各省官僚の思惑が入り乱れ「『労働力不足にどう対応するのか』に関して、政治のリーダーシップが欠けているからではないか」と記者はいう。Senken100224_2

もう一つ、研修生受入の多い繊維産業の業界紙である繊研新聞は先月24日以後、7回に渡って特集記事を掲載している。新制度への移行が進む中、縫製業界はどういう対応を求められるか、業界の抱える悩みや今後の対応についてリアルに検討されている。

外国人実習制度に依存せざるをえない背景には「アパレル産業の構造があり、不況がそれに拍車をかけている」

発注元からは「小ロット、短納期」が追求され、「マーケットの変化に対応し、生き残りをかけてチャレンジしようとすればするほど研修生・実習生に依存せざるをえない」。研修生問題は縫製業界だけでなく「アパレル業全体がとらえるべき」という指摘を紹介している。

|

« Y社長が怒っている | トップページ | 法務大臣「おっしゃるとおりだと思います」 »

外国人研修生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 制度改正を繊研新聞が特集:

« Y社長が怒っている | トップページ | 法務大臣「おっしゃるとおりだと思います」 »