« 実習生、初の「過労死」認定 | トップページ | 未だにケイタイ禁止 »

強制貯金は「禁固1年以上10年以下」

7月から改正入管法が施行され、今後入国する実習生には最初から労働者として取り扱い、企業での実習にはすべて労基法が適用される。これまで研修生には労基法が適用されてこなかったため、研修生に強制貯金や不当に低い残業代が払われていても「労基法違反」となることはなかった。0119

そこであらためて今度適用される労基法を読むと、「強制労働」には最も思い罰則(10年以下の懲役または300万円以下の罰金)が課されている。

第5条(強制労働) 使用者は、暴行、脅迫、監禁その他精神又は身体の自由を不当に拘束する手段によって、労働者の意思に反して労働を強制してはならない。

「その他精神又は身体の自由を不当に拘束する手段」には賠償額予定契約、前借金契約、強制貯蓄などが含まれている。

こんなことは研修生には当たり前に行われてきた。 それだけ厳しい改正だということを団体は自覚して、不正を一掃して欲しい。

|

« 実習生、初の「過労死」認定 | トップページ | 未だにケイタイ禁止 »

外国人研修生」カテゴリの記事

外国人実習生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 強制貯金は「禁固1年以上10年以下」:

« 実習生、初の「過労死」認定 | トップページ | 未だにケイタイ禁止 »