« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

英語、インドネシア語への翻訳も(協力お願い)

「実習生支援ガイド」のうち「実習生の権利」部分を中国語とベトナム語に翻訳してあります。(←からDL)

今年入国の実習生ではこの両国に続けて多いのがフィリピンとインドネシアになっています。なんとかこの2カ国も翻訳して活用を広げたいと思います。

中国語、ベトナム語は知り合いの方に協力をお願いし、わずかな謝礼で翻訳いただくことができました。あと2カ国語についてもどなたか協力いただけないでしょうか。知り合いで協力いただける方がいましたらぜひ紹介ください。元の原稿をメールで送ります。

kurematsu@airoren.gr.jp に連絡ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最低賃金引き上げ答申

全国の都道府県で地方最低賃金の答申が出されてきています。26日までに27都道府県から報告が届いています。それによれば

+30  東京(821)、+29 神奈川(818

+20  京都(749)、+17 大阪(779

+16 千葉(744)、+15  埼玉(750

+13  北海道(691)、愛知(745)、兵庫(734)、滋賀(706

+12 宮城(674)、茨城(690)、栃木(697)、群馬(688)、山梨(689)、新潟(681)、富山(691)、石川(686)、福井(683)、静岡(725)、三重(714)、奈良(691)、徳島(645)、香川(664)、福岡(692)、大分(643

+10  岐阜(706)

ほとんどの県で10月中旬からの改訂になる見込みです。

実習生の賃金とリンクするところが多いと思いますので、確認しておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5万円以上払えない

ある組合関係者の方からの情報です。

受け入れ企業から団体に講習期間の管理費を「5万円以上は払えない」と言ってきたそうです。講習期間は実習が禁止されていますから、企業としては当然のことでしょうが、団体としては生活費も必要ですし、講習にかかる費用もあり困っていました。

また団体の多くは無料職業紹介の届出を行っていますが、この場合はあっせんにかかった費用を請求することもできません。

無料職業紹介では,名目の如何を問わず, 実費も含め技能実習生の紹介に要する「費用」を実習企業から徴収することはできません。「団体」が実習企業から「監理費」を徴収する場合には事前に使途と金額を明示することになっており、監理費に「紹介に要する費用」を含めることはできません。 http://rodo110.cocolog-nifty.com/viet_nam/2010/06/index.html

すでに新制度での受け入れが始まっていますが、団体はこれらの費用をどうしているのでしょうか?入管のチェックは行われているのでしょうか?

| | コメント (4)

研修生から裏手数料

Mai100823 (前の記事にコメントとしてついていました。)

本日(8/23)の毎日新聞に大阪に本部のあるレインボーブリッジ事業協同組合で理事長が裏契約で研修生から不正な手数料をとっていたことが明らかになりました。

今回の省令改正で団体は「監理費徴収明示書」や送り出し機関との契約書など様々な書類を新たに提出しなければなくなりました。

「外国人の技能実習に係る不正行為に関する事実を隠ぺいする目的で、偽造若しくは変造された文書若しくは図画若しくは虚偽の文書若しくは図面を行使し、又は提供する行為」は不正とされ、最も重い「5年間の受入停止」処分とされることになっています。

今回の事件は改正前からの不正のようですが、現在も継続しておれば処分は免れないと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

コンビニ弁当のセットを

Chu100820 昨日の中日新聞(8/20)に小牧の弁当会社が厚労省からの補助金不正受給で全額返還を命じられたという記事が出ていた。

ところが、その後朝日から取材があり、この会社ではファミマに出す弁当のセットに外国人研修生40人を使っていたという。

「トヨタの足元で」のなかで「○○美食品」で弁当セットを調査されたときの「入管対応マニュアル」を紹介した。この他にも弁当屋の相談があった時に聞くと、「調理はしたことがない」という返事だった。

また岐阜のクリーニング会社の研修生が相談に来たときは、「ミシンをさわったのはJITCOの検査の時だけ」ということでした。実習生の職種違反は労基署も取り上げないし、入管は実習生のことは労基署任せで、あまり関心を持ってこなかった。Asa100821_2

研修生に大きな「実害」はないのであまり問題にはなっていないようだが、「安価な労働力」「業種偽装」と指摘されればその通りである。

しかし298円、398円と格安の弁当を要求される中小企業の立場も理解できない訳ではない。今回の会社は補助金の不正もあり悪質だが、基本的には利益の大半はコンビニの本社に吸い上げられていることも知って欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中日新聞で支援ガイドを紹介

Chu100817 「外国人実習生を支援」(中日8/17)

今朝の中日、愛知県内版ですが実習生支援ガイドが紹介されました。記事では7月に改正された実習制度の内容とともに「違法問題を起こす受け入れ側の機関、受け入れ企業との間に立ち、問題を解決してきた」と愛ローレンの活動も紹介してくれている。

JITCOの業務統計によれば4月に一部の国からの入国に大きな落ち込みが見られたが6月にはほぼ09年並に回復している。制度改正で出国側でも提出書類が増えたため手続きが遅れたものと思われる。7月以後がまだ公表されていないが、制度改正はほぼ順調に動いているものと思われる。

いっぽう、受け入れ団体に求められる職業紹介事業の許可・届け出は7月1日現在でも半数に届いていない。

人材サービス総合サイトhttp://www.jinzai-sougou.go.jp/srv120.aspx

をみても技能実習生の紹介事業で許可・届け出たのは787県にとどまっている。紹介事業の届け出は事業所のある県ごとのため全国では同じ法人が複数届けることもある。受け入れ団体の統計はないが、約3000団体と言われていたので、届けが遅れているだけでなくやめてしまったところや、「身売り」も少なく無いようである。

このガイドを気に支援もひろがって来ている。先日は日中友好協会愛知県連の総会に招かれ、講演をさせていただいた。先日は愛労連以外のユニオンの皆さんのセミナーにもよばれた。「団体」からの注文も100冊ほどあった。改正後の制度にも議論が無いわけではないが、まず制度をよく知ってもらい、実習生の権利が守られれば議論の方向も変わると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4ヶ月で187万円

22 1日に相談にきたA組合(まだ残ってたんですね)の実習生。給食の弁当を詰めるラインで働いています。帰国があと一週間なのにに「会社が何も説明してくれない」と電話が入りました。未納で請求のあったH21年度の住民税は63700円(+延滞金5800円)です。問い合わせたところこの前年(H20)年の給与は187万円でした。給与所得は113万円、税・社保控除などを引いて住民税課税所得は63.7万円でした。

実習生になったのはH20年の8月21日。年末までの給料日は4回です。月収46.7万円!やはり何か間違っていると思います。

健保・厚生年金も所得税、雇用保険は天引きなのに住民税だけは天引きせず、実習生に払わせるというのも何か不自然です。

弁当工場をふたつ持つ給食会社ですが、弁当屋はこんなモンでしょうか

| | コメント (2) | トラックバック (0)

派遣会社が不法滞在ベトナム人を手配

Yomi100807 失踪した研修生を使って金儲けをしていた愛知県内の派遣会社が告発された。

「ベトナム人 不法滞在100人雇う 車部品を製造」(読売8/7)http://chubu.yomiuri.co.jp/news_top/100807_1.htm

読売によれば不法就労助長容疑で知立市の人材派遣会社「ブリッジ」のK社長37才が逮捕された。。2008年1月の設立以来、不法滞在のベトナム人100人以上を全国から受け入れていた。一方、設立に携わった安城市の会社と男性社長(51)も書類送検された。

不法滞在のベトナム人たちはもともとこの安城の会社にいたが、08年に「ブリッジ」設立で移動した。K被告は安城市の会社の元従業員で、男性社長の口座にコンサルタント料名目で月50万円を振り込んでいた。

安城市の派遣会社名は公開されていないが、この社長が本命のようである。数年前には安城市の派遣会社が研修施設をつくるため西尾市長に賄賂をおくり逮捕されたことがある。外国人を食い物にする研修生・実習生ビジネスは徹底的に摘発を望む。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

コミュニティユニオン学習会

土曜日にコミュニティユニオン東海ネットワークの学習交流会に招かれ、改正入管法についてお話をしてきました。アイプラザ一宮で開催された交流会には東海4県から約40名が参加、私の他に韓国の労働問題研究者・呉氏や派遣ユニオンの関根書記長にもお会いしました。

私のテーマは外国人研修生実習生問題の現状と課題でした。ユニオンには研修生問題に取り組んでいる組合も多いので、主には改正の特徴や今後の活用についてでしたが、みなさんけっこう専門的なお話が多かったです。韓国の制度については聞いていましたが、研修制度は廃止し単純労働受け入れで数量制限が行われています。リーマンショック以後は数量を抑えているようです。

帰国後手続きをする厚生年金の脱退一時金の税金(20%)の還付申請手続きを行っている方もいて〝スゴイ〟と思いました。これは送り出し機関と受け入れ機関でやってほしいですね。

今日の午後は二社の実習生が相談にきました。一社は住民税の天引きを行ってこなかったために市役所から請求がきたものです。2年分で19万円で、どう計算しても多すぎ。なにか会社がやったようです。有休はゼロ、友人を寮にいれたので罰金、その他にも問題がありそうですが、明日会社に連絡します。入国した時の組合はAですが、訳あって今は他の組合に変わっています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »