« 中国人実習生の相談 | トップページ | 社会保険に入りたくない »

私達は道具じゃない

Chu110221_2 岐阜県の中国人実習生の悲痛な声が今日の中日に掲載されました。(←クリック中日2/21)

私が「トヨタの足元で」に書いた中国人研修生が言った言葉(私たちは道具じゃない。人間です)と全く同じ言葉である。

彼女たちが入国したのは2008年4月。記事のような状況は私も見てきた。しかし、09年に入管法が改正され、10年7月には改正制度が全面適用になったにも関わらずこのような事態が続いていることにガッカリする。岐阜労基署の是正勧告が行われているが、まだ未払いである。

社長は「残業したいと何度も頼まれたからやらせてやったのに。だまされた」と言っているそうだが、そんな話が通用しないことは業界関係者はみんな知っている。

問題は二点ある。一点は今回の最大の改正点である「団体の責任」だ。未払い賃金は民事で争うことになるが、入管法違反は刑事である。労基署が是正勧告した時点で入管には通知してあると思われる。団体の監理責任は免れないと思われる。

もう一点は発注者責任だ。ボタン付けなどはデパートや大手衣料スーパーからの注文が多い。こういう大手小売店がどういう単価で業者に注文を出しているか。儲けている大手流通の担当者が最初から最賃以下でないとできないような単価を押しつけてくるということはないだろうか。

|

« 中国人実習生の相談 | トップページ | 社会保険に入りたくない »

外国人実習生」カテゴリの記事

コメント

>最初から最賃以下でないとできないような
>単価を押しつけてくるということはないだろうか。


そんな事、日常茶飯事ですよ。
工場の社長も悪いですが、こういった問題が
表に出た場合仕事を出している側の企業名も
公表すべきだと思います。

自分達の製品がどこでどのような状態で
作られているのか分からない。
そんな言い訳が聞こえてきそうです。

投稿: 通りすがり | 2011年2月22日 (火) 16時27分

実習実施機関のほとんどは下請負業者ですねぇ。
法改正以後、たとえ外国人でも御社の社員になるんだから、かわいがってあげてください。生活面のフォローは組合が手助けしますから。としか言ってあげれません。
組合としては、技能実習制度だけでなく経営コンサルみたいな手助けもしてあげるべきかな?とも思っています。

投稿: akipon | 2011年2月24日 (木) 12時16分

通りすがりさん
akiponさん
コメントありがとうございます。
愛ローレンの本業である労働組合の方では昨秋名古屋市内の自動車下請け零細業者・企業1300社を訪問し750社にアンケートの協力いただきました。お話を聞いた社長さん達は仕事が激減する中で、基本料金やリース料など固定費の負担がとても大きいと言っていました。
仕事が多いときは、単価を下げられ、仕事がなくても来たときのために準備はしておかなければなりません。実習生を受け入れてきた会社の多くがこういう下請けです。
中小企業支援も私たちの活動です。

投稿: 愛ローレン | 2011年2月24日 (木) 21時17分

そんな労働法を守らない低賃金で儲けた企業の法人税は返しますので中国人に渡して下さいと、市長が言ったらどうですかね。

投稿: エビ | 2011年3月 4日 (金) 14時30分

エビさん
コメントありがとうございます。
減税が好きな名古屋の市長に言っときますね(o^-^o)

投稿: 愛ローレン | 2011年3月 4日 (金) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私達は道具じゃない:

« 中国人実習生の相談 | トップページ | 社会保険に入りたくない »