« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

ベトナムから

いつも研修生支援で頑張っておられる福島大学の坂本先生から無事のメールが届きまし0133 た。

「研究室は本の波となりましたが、さいわい妻と私も無事」だそうです。さらに「ベトナム人研修実習生の権利擁護のための日越政府、各機関の政策立案をめざす、文部科学省の研究費を得ることができました。」ということで、6月の移住連フォーラムにも来て頂けるようです。

ホーチミンの送り出し機関からも「直ぐ坂本先生に連絡して「無事だ」と返事されて何よりも嬉しいです。悪党と戦いは続きますが、復興のことは優先しましょう。」とのメールがきています。

また今日は元研修生からもこんなメールがきました。

KUREMATRU san ogenki desuka oshigotowa」
岐阜のI化成にいたS君です。

「ima betonamu liwa j bun de kaisha trukujmashita」「KUREMATRU san betonamu li ikutoki renrakushitekudasai」

男の子はわりと自分で仕事をつくっているようです。女の子は学校にいったり、割と自分のために自由にお金を使っているようです。もちろん家庭の事情によるのでしょうが。日本にきたことが役にたっていることはうれしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元研修生から「頑張って下さい!」

2年前に帰国したベトナム人研修生のHさんからメールがきました。0152
彼女は岩倉市で働いていましたが、アケボノの関係で研修先変更を余儀なくされました。
「今、私だけじゃありません、全国どこでも 日本のために 皆お祈りすると思います。
インタネットで、毎日NEW 見ています。本当に悲しいです。
福島 すごく大変ですけど 地震で 仕方がない、 頑張るだけですね。
日本人すごいですから、大丈夫と思います。
今まで、日本から帰国2年以上です。大学区勉強しながら仕事します。
パソコンの専門勉強と日本のサロンの受付 しています。頑張ります。
また日本行きたいです。
申しベトナムまた来ると連絡してください。
○○さん、頑張って下さい。大変な人に手伝ってお願いします。」
いろいろありましたが、最後まで研修できてよかったと思います。
担当のMさんにも努力いただきました。彼女にも伝えたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »