« 協同組合にも責任認める 長崎中国人研修生裁判 | トップページ | 二年目から休日が12日減に »

月給1万円のバングラディシュ実習生

Mbs130403 MBSニュース4月3日

月給わずか1万円で長時間労働をさせられたとして、京都に住むバングラデシュ人の女性が、繊維会社を相手に裁判を起こしました。

 京都府に住むバングラデシュ人のベガム・ラベアさん(24)は、おととし11月に来日し、外国人技能実習生として長崎県内の繊維会社で縫製の仕事につきました。

 ラベアさんの訴えによりますと、休みは月に2,3日で、月に400時間の長時間労働を8か月半の間続けましたが、寮の費用やブローカーの中抜きなどで手取り月給は1万円だったということです。

 ラベアさんが会社側に「給料が少ない」と言ったところ、荷物をまとめて帰国するよう指示されたということです。

 ラベアさんは会社と社長を相手取り、未払いに相当する賃金などおよそ880万円の支払いを求めています。

 繊維会社の社長は取材に対し、「賃金はきちんと払っていた」と話しています。

http://www.mbs.jp/news/kansaiflash_GE000000000000000584.shtml

|

« 協同組合にも責任認める 長崎中国人研修生裁判 | トップページ | 二年目から休日が12日減に »

外国人実習生」カテゴリの記事

コメント

>「賃金はきちんと払っていた」
とありますが、定時以降は受け取りだったん
ですよね。賃金台帳にはどう記載されていた
のでしょうか?

おかしな項目での収入は入管でチェックされて
いるのではないのかな?

後、ブローカーの中抜きは会社が関与していた
のかな?

ずさんな管理としか言いようがないですね。

投稿: 通りすがり | 2013年4月 9日 (火) 11時42分

とおりすがりさん
お久しぶりです。
この事件は不審に思った入管がとめたところから発覚したようです。

投稿: 愛 | 2013年4月 9日 (火) 15時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月給1万円のバングラディシュ実習生:

« 協同組合にも責任認める 長崎中国人研修生裁判 | トップページ | 二年目から休日が12日減に »