« 日弁連:外国人技能実習制度の廃止を 意見書提出 | トップページ | 愛知県が実習生特区を要望 »

フィリピン移住労働者支援映画のご案内

Migrante朝日新聞(8/20)でも大きく取り上げられましたが、フィリピンで海外で稼ぎが急増しています。http://www.asahi.com/shimen/articles/TKY201308190712.html

愛労連が4年前に訪問したマニラの「ミグランテ インターナショナル」から移住労働者のことを紹介する映画会の案内がありました。少しでも多くの方に関心をもっていただきたいと思います。ぜひ、広げて下さい。

岐阜市 9月28()18:00~岐阜県民ふれあい福祉会館

名古屋市9月29()18:00~港区役所ホール

上映協力券 1000円 お問い合わせは愛労連・くれまつまで
kurematsu@airoren.gr.jp

 ***紹介文より**

 「ミグランテ(フィリピン人移住労働者)」(原題:“MIGRANTE (The Filipino Diaspora)”)は、海外で働く家族や親戚がいるフィリピン人だけでなく、国の将来を真剣に考えているフィリピン人すべてにぜひ見てもらいたい映画です。
 海外で働くフィリピン人(推定1200万人)が母国へ送るお金は、正確な経済指標によると、国内消費の少なくとも10%を支えており、フィリピン経済の牽引車の役割を果たしています。
 
しかし、数え切れない不幸な魂たちにとって、海外で働くことはドル送金だけを意味しません。祖国から離れたたくさんの移住労働者は、辛く、非人間的で、時には破滅的な結果に苦しんでおり、海外移住は悲劇であるというのがもう一つの側面です。
 
日本で働くフィリピン人移住労働者を日本のマスコミは、貧しい国から来て日本人の仕事を奪い、いつも違法行為に手を染める「悪い連中」と描き出します。そのため、日本の一般民衆は、日本に来る移住労働者を否定的に考えがちです。しかし、今回の映画は、日本にいるフィリピン人だけでなく、そうした日本の人たちにも移住労働者の本当の姿を伝えるでしょう。

|

« 日弁連:外国人技能実習制度の廃止を 意見書提出 | トップページ | 愛知県が実習生特区を要望 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

労働相談」カテゴリの記事

外国人実習生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィリピン移住労働者支援映画のご案内:

« 日弁連:外国人技能実習制度の廃止を 意見書提出 | トップページ | 愛知県が実習生特区を要望 »