« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

JEDIC城北電装の寮費ボッタクリを許すな!署名を開始

諸般の事情って何だ!Bottakuri2

北名古屋市のJEDIC城北電装寮に住むフィリピン人実習生は2DKに9人で寮費3万円、市内の同面積の新築アパートは7万円程度で、実に3倍以上です。さらに新寮には27人が入り寮費は4万に値上げ、会社は年間約1300万円の収入。約8000万円の建物は7年で償却。ところが法務省は会社が所有する寮は実費がわからないとして「このような場合にあたっては、物件の構造や耐用年数はもちろんのこと、共用部分の状況など、諸般の事情を総合的に考慮した上で、社会通念上著しく不当であるかを判断することとしています。」とこの家賃を「不適正ではない」としました。構造も面積も築年数も同じなのに家賃が3倍以上になる「諸般の事情」とはボロ儲けのためとしか思えません。 外国人実習生には寮が強制であり、このようなボッタクリは「奴隷労働」のそしりを免れません。 政府は新しい法律を国会に出しましたが、このようなボッタクリすら対応できない制度では不正は無くなりません。外国人技能実習制度は廃止すべきです。

ネット署名を開始します。ご協力をお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

技能実習制度は廃止しかない

教文事件の年内決着を2
逮捕者3名の櫻花協同組合も教文関係

教文の中にはさまざまな受入組合と送り出し機関「TRACOODI」の日本事務所があった。先日1億円もの不正があると報道され逮捕者がでた「櫻花協同組合」も設立時は教文本社()に事務所があった。教文の役員であった櫻太吉氏が「櫻花協同組合」(その名のとおり)の参与である。非営利組織のはずがどうしたら7年足らずで1億円以上の利益をあげたのか。  

不正は1億円以上(NHK広島9/15)

外国人技能実習生の受け入れを行っている福山市の協同組合の代表理事ら3人が、技能実習生を紹介された企業から支払われた組合費388万円を着服したとして、業務上横領の疑いで逮捕されました。組合の使途不明金は1億円以上に上るということで、警察は着服した金の使い道や余罪について捜査を進める方針です。

さらに櫻氏はT君の受入に使われた「びんご真心協同組合」の参与であり、同じく教文施設内にある「しまなみ国際協同組合」の設立時の代表でもある。(→は設立時の教文施設。現在「しまなみ」は受入を停止させられている)

入管は櫻花協同組合氏を調べないのか

しかし入管が櫻花や教文がどのように不正な利益を得ているのか調査したという情報はありません。

諸般の事情って何だ!

入管は北名古屋市の実習生寮について同面積の新築アパートの3倍以上の家賃にも「諸般の事情」で「不適正はない」としました。(↓入管の回答)

Bottakuri22

城北電装いきなり不誠実交渉

実習生はこの寮費を強制されます。入管が指導しないので実習生は労働組合に加入して交渉することにしました。ところが最初から下記のような回答書が。これでは「不誠実交渉」の不当労働行為になってしまいます。

Danko2

ローカー教文もぼったくり家賃も放置する技能実習制度では不正からの失踪は無くなりません。奴隷制度との批判は免れません。

このような外国人技能実習制度は廃止しかありません。

20151226_213122

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Danko1フィリピン人実習生家賃ボッタクリの城北電装。入管が「諸般の事情」として容認してしまったので、Mさんに労働組合に加入してもらって団交をすることになりました。

最初から不誠実団交の表明か?

17日に要求書を提出し一週間後の団交申し入れました。ところが一週間後に来た回答はさらに二週間後に交渉を受けるという日程だけ。要求への回答はないどころか「当日の書面提出をもって如何なる意味においても要求事項を受け入れたと解することはできないことにご留意願います。」と言う意味不明な回答。(1月8日(金)10時~小牧商工会議所会議室になりました)

団体交渉応諾義務とは!
 経営側交渉員は、ただ黙ったままで、全ての要求に対して即座に回答しないで「会社に持ち帰って相談します」「社長に聞かないと分かりません」と繰り返していると団体交渉拒否とみなされ、労働組合法が禁止している不当労働行為にあたる恐れもあります。
 団体交渉は、労使が対等の立場に立って話し合って交渉することであり、一方が他方の話をただただ聞けばよいとういうものではないので、経営者側の団体交渉応諾義務はただ団体交渉に出席すれば事足りるということでなく、労働組合と誠実に交渉する義務をも含んでいると理解され、これは「誠実交渉義務」と呼ばれています。

裁判の判例では

「労働組合の主張に対し誠実に対応することを通じて、合意達成の可能性を模索する義務」(倉田学園事件、高松地判、昭和62年8月27日)
「使用者は、自己の主張を相手側が理会し、納得することを目指して、誠意をもって団体交渉に当たらなければならず、労働組合の要求や主張に対する回答や自己の主張の根拠を具体的に説明したり、必要な資料を提示するなどし、また、結局において労働組合の要求に対し譲歩することができないとしても、その論拠を示して反論するなどの努力をする義務がある」(カール・ツァイス事件、東京地判、平成元年9月22日)

城北電装の「如何なる意味においても要求事項を受け入れたと解することはできない」
とは、どういう意味でしょうか?交渉を行う前から話し合おうが要求は受け入れないと言うのは不誠実団交ではないでしょうか?

団交の会議室の使用料は折半というボッタクリの会社らしいセコさはさすがにぼったくり会社だけのことはある。今後は愛労連の会議室を無料で用意します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪質な社労士をやめさせよう

愛知県内に労使関係に介入する悪質な社労士がいる事が大きな問題になっています。
解雇ビジネスのすすめを書いていました。うつ病にさせることを書いたところで過労死家族の会や弁護団が懲戒を請求。
本日、愛知労働局と県社労士会に要請しました。
実習生を使っているところでもブラック社労士や税理士の話を間に受けて不当な対応をするところがあります。
そういう場合には社労士会や労働局に通報しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入管はブローカー「教文」も容認か

 福山市のブローカー「教文」を入管に告発してから半年がたちました。この間、書類の偽造や雇用契約書と違う修行場所など数々の情報を提供しましたし、9月には「教文」本社内に設立され、元役員が参与をつとめる櫻花協同組合で不正金で逮捕者もでています。ところが未だにたった一つの不正も認定せず、「教文」関係の組合は未だに実習生受入を行っています。このまま年を越すつもりでしょうか!
ブローカー容認は法務省の政策かHyousi22
 前回の制度改正で「名ばかり監理団体」や営利を目的とする団体(ブローカー)によるあっせんが禁止されました。ところが省令のパブコメが終わったところで法務省は重要な部分に「常勤職員」と書かれていたところから「常勤」の二文字を削除しました。不正処分の対象は常勤職員ですので、派遣会社などのブローカーが非常勤役員となって不正を行うことが可能になっています。詳しくは「gaido1007.docx」をダウンロード
ITC事件で言い換え
これが問題になったのが2012年の(株)ITC事件です。
ここでは派遣会社ITCのT社長がS組合の専務を名乗って監理をしていました。その受け入れ先で賃金不払いなど数々の不正が明らかになったのですが、入国から監理、強制帰国まで全て(株)ITCの名前で行われている証拠を提出しました。
ところが法務省はこう言い繕いました。
(入管局長)「委員ご指摘のとおり、監理団体が外部の機関に講習や監査などの業務をいわば丸投げしているような場合は監理する体制を有してないとして不正行為に該当することとなりますが、外部の機関を指揮命令しながら業務の一部を分担させていた場合は必ずしも不正行為に該当するものではありません
派遣会社の社長が受入組合の専務になって派遣会社に直接指揮命令してるのですからこういうしかありません。
20151223_14_08_00 法務省は教文社内の受入組合、送り出し機関、ブローカー容認か
「教文」事件はさらに大がかりです。逃げてきたベトナム人T君の事件では
・母国の書類にある受入組合と入管に提出した受入組合が違う
・書類上の受入組合WILL UINONは「初めての受入ですべて「教文」にやってもらった」(T代表)
・「びんご真心協同組合」を名乗って監理していた「土江」氏は「びんご」の職員ではなく「教文」が使っているブローカー
WILL UNIONによる「直接指揮命令」は全くありません。それでも未だにWILLにも「びんご真心」にも「教文」にも処分はありません。
こうなると「教文」というブローカーの存在は法務省が容認しているとしか考えられません。
技能実習の新法でもこの問題は全くふれられていません。入管は実習生の失踪増加を理由に罰則強化の入管法改正を提出しましたが、ブローカーを容認する実習制度では失踪者がなくなるわけがありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

城北電装の「諸般の事情」って何だ!2

Jidic2_2  実習生等は20147月に社長宅に隣接する新寮に移転。登記簿によると床面積の合計は331.13㎡である。実習生等は3階の三部屋に4人と5人と9人、1階の一室に9人が二段ベッドで生活。2階には4台のガスとシンク2槽の流し、3階にシャワーと4台の洗濯機がある。入管は「居室は2段ベッドだがリビングはきれいで大型TVがありインターネットも使える」と言っていた。

 1階はエントランスとゲタ箱で北側は社長の高級外車がとまる車庫になっている。入り口など防犯カメラがあちこちについていて「セキュリティは万全」とのこと(←)。果たして実習生のためか外車のためか、これも「諸般の事情」として寮費に含まれているのだろうか。

レオパレスの最高値の2倍

Photo_2

車庫を除くと実習生ひとり当たりの床面積は約10㎡となる。同市内で大手賃貸マンション「レオパレス」の最も高い物件が約6万円だ→。1Kで広さは31.42㎡。テレビ、冷蔵庫、洗濯機、風呂も温水トイ2レ、電磁調理器も洗濯機、電子レンジもついている。居室も12㎡あるので実習生3人でくらせば、水光 費を別として1人2万円で足りる。寮よりは快適だ。いっぽう会社は年間1300万円の収入となる。建築費8千万円は5年で償却できる計算だ。「諸般の事情」とは「会社の利益」のことか。

Bottakuri3

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入管は強制帰国ありきをあらためよ

Asa151220外国人実習生の失踪が3倍の6,000人に急増しているという発表(朝日12/20)。その前の年は1000人台だったから5倍近くなっている。
入管はスマホなどで仕事が探しやすくなったのが原因だとして、もっぱら実習生の責任にしている。しかしこの制度で実習生や受入企業を食いものにするブローカーや悪質な受入団体への不正処分は消極的だ。このブログで告発してきたように家賃4万円を取る城北電装にも半年もたって「調査したが不適正はなかった」と言う。「奴隷労働」と批判されるのは当然だ。逃げ出す実習生がいてもおかしくない。

ベトナム人実習生は雇用契約書の就業場所を島根県としておきながら書類を偽造し、入管用は就業場所を「受注場所」と書くだけ。これで宮城県気仙沼の建設作業員としてピンハネしていた。しかし厚労省は「雇用契約書の変更が必要」といい、国交省は「県名は必要、少なくとも地方」と回答した。

受入組合の名前も母国での書類と違うし、入管に届けた受入組合WILL UNIONは食事で一度あっただけ。高橋社長は「この時は初めての受入だったのですべて教文にやってもらった」と説明している。その教文が使用している「びんご真心」の人と言われた担当者「土江」氏もびんごの人ではなかった。すべてブローカー教文に丸投げされていた。

教文の中にはさまざまな組合と送り出し機関「TRACOODI」の日本事務所も教文内にある。先日1億円もの不正があると報道され逮捕者がでた「櫻花協同組合」も教文本社に事務所があった。教文の役員であった櫻太吉(その名のとおり)氏は創業者で、今でも「櫻花」と「びんご真心」の参与である。しかし入管は櫻花の不正について調査していないようだ。

不正を告発してまもなく半年がたつのに、まだ一つも不正処分はなく教文関係の組合には受入が続いている。逃げた原因が教文の不正であるにも関わらず、逆に助けを求めに愛労連にたどり着き入管に出頭したのに5ヶ月もかかった事を問題にしている。

失踪者の急増に逆ギレした入管は、不正をなくすのではなく、逃げたらすぐに在留資格を取り消す罰則強化の入管法改正案を出した。これでは失踪はなくならない。「奴隷労働」として制度の廃止を求めるのもやむを得ない。まじめにやっている受入企業は大迷惑だ。

家賃の件は入管がダメでも愛労連としてはあきらめない。Mさんは「私の家賃は取り戻せなくても実習生がよくなれば」と労働組合に加入してくれた。今週は団交でとっちめる。

年明けからの国会審議にはこれまでの証拠を提出する。入管への抗議もさらに呼びかける。

マスコミの取材も続いている。
教文関係の証拠があったらぜひ協力をお願いしたい。

EMAIL post@airoren.gr.jp fax 052-871-5618

| | コメント (0) | トラックバック (0)

城北電装の「諸般の事情」って何だ!

フィリピン人実習生の寮費について、昨日愛労連ローカルユニオンから城北電装に団体交渉を申し入れました。会社から今朝「内容を検討した上で、12月25日までに回答させていただきます」と返事がありました。
寮費の件だけでなく「労働組合への勧誘は違法だ」と言ったことや「愛労連は営利団体」と言ったことについても説明を求めました。
法務省から文書で回答があった「実費」について、城北電装の事例だとどうなるかさらに追求していくことにします。
引き続き法務省への抗議FAXをお願いします。
入国管理局入国在留課 FAX 03-3592-7092
Bottakuri2su

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「入管の社会通念」では妥当?城北電装寮家賃

フィリピン人実習生の寮費について日本共産党の畑野君枝議員から質問書を出してもらいました。
法務省から書面で「20151217.pdf」をダウンロード がありました。実習制度で寮費は「控除する額は実費を超えてはなりません。」という部部について
Q(畑野)「会社が所有する寮の場合の実費とはどのようなものか」という問には
A(法務省)「「実費」とは、実際に要する費用を意味するものですが、実際に要する額が必ずしも明らかでない場合があります。このような場合にあたっては、物件の構造や耐用年数はもちろんのこと、共用部分の状況など、諸般の事情を総合的に考慮した上で、社会通念上著しく不当であるかを判断することとしています。」
在留課長は9月11日のレクで「実費の資料は会社から出させる」と言っておりましたので、資料を見た上で入管として「社会通念上著しく不当ではない」と判断したことになります。
さて、この事実をどうみるでしょうか。

411623 (1)実習生等が2013118日より201311月から20147月まImage2 で入居した寮は北名古屋市弥勒寺東4-116-6にある会社所有の一戸建てである。実習生9人はこの2階二部屋で生活し、天引きされた寮費は月3万円である。登記簿によると床面積は54.62㎡である。同市内の同面積新築のアパートは最高でも約7万円である。

①「物件の構造や耐用年数、共用部分の状況」には大差はない。のこる「諸般の事情」とは何か?

②同住宅の一階には他の住人が住んでいる。床面積は72.15㎡と二階より広いが会社は一階の賃料をいくらにしているか。これは「諸般の事情」に考慮されないのか?

Img_1554 2014_1 ()実習生等が2014718日より入居する新寮は三階100.6㎡に三部屋に4人、5人、9人の18人、1120.27㎡がエントランスと9人の部屋、車に二台の車庫となっている。2階は27人が使うリビング、キッチンとなっている。

寮費は月4万円で年間で約1300万円となる。建設費は約8000万円と聞いている。国は鉄筋コンクリートの住宅の償却年数は47年としています。この他にガス台4台、シャワー3台、洗濯機3台、エアコン、大型テレビなどですが、耐用年数を5年としてもたいした金額ではありません。
他には数々の防犯カメラくらいです。

Photo_2Jedic

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今度は釧路のベトナム人実習生から

気仙沼から逃げてきたベトナム人実習生。ビザの残り期間が数日となりました。まだ入管の許可がでません。
そんなところ昨夜朝日の取材中に釧路の実習生から助けを求められました。また建設業です。
「私は北海道の釧路市の建設会社で研修生でした」「彼らは私たちとハードイオン化していない企業で作る関連付けます」「私はまだそこに働きます」「私は私のパスポートを取り戻すしたいです」「私は本当にどこに助けを知りません」
まだ、会社も経過もわかりません。ここまで書ける方がたいしたものだと思います。
気仙沼から名古屋まで逃げてきた実習生の事件で法務省は、ブローカー「教文」のほうは半年たっても不正のひとつも認定せず、未だに実習生受入を続けていますが,THANH君のことについては「出頭するまで5ヶ月もかかった」といって帰国をさせようとしています。
実習生はどこにも助けを求められないから逃げるしかないのに、法務省は「入管か労基署にいくはず」というばかりです。
釧路で不正な目に遭った実習生はどうしろというのでしょう。法務省に聞いてみます。Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

法務省はボッタクリ家賃をどこまで認めるのか

みなさんから抗議文を送ったとメールがきています。フェイスブックのシェアは一日で80件を超えています。

作家の小中陽太郎さんから「入管による不当な外国人実習生寮費容認に強く抗議します。」
賃貸マンション・アパートを経営している方から「緑区の新築アパートの単身者専用のアパート(浴室乾燥機付きバス、ウオッシュレット付きトイレ、システムキッチン、エアコン付き)の㎡単価は2,000円前後です。その5倍もする寮費を強制的に取るやり方は、常識では考えられない。」

法務省はボッタクリ家賃

どこまで認めるのか?!

1年で5600万のぼろ儲け

フィリピン人実習生の相談411623

近隣の同面積アパートは最高7万円。寮は一軒家の2階二部屋に9人で家賃ひとり3万円。合計27万円。水道光熱費を引いても3倍はある。

昨年からは新寮に移転し家賃は4万円に値上げ。総床面積は330㎡だが一階には社長の高級外車が2台。ここに27人が入居し年間約1300万円。

近隣の最高級マンションと面積あたり家賃は2~3倍になる。年間5600万円の儲け。実習制度でこんなボッタクリが許されるのか?!

Img_1554 法務省は何を実費と認めたのか?

技能実習制度では寮費は「実費を超えてはならない」となっています。JITCOは「近隣の同等程度のアハート等の相場を超えてはならない」としています。

5月に告発、9月に法務省在留課長は「実費の資料は会社が提出する。」とこたえました。半年たってやっと調査の報告は「居室は二段ベッドだがリビングは広くてきれい。大型テレビもあり、他の実習生

は文句を言っていない。」とのこと。実費や近隣家賃の説明はありませんでした。

何倍まで認めるのか?!Bottakuri

この事件は1年目から最低賃金が適用されるようになったので寮費で儲けようとしたのだと思われます。

関係者と思われる方からは「入管は算定根拠明示を義務付けて審査する仕組みを作らなければ、この問題は今後さらに多発する」という指摘もあります

チラシを活用ください。「bottakuri.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JEDIC寮費ピンハネを認めた入管に抗議

フィリピン人実習生から4万円もの寮費をとりながら、愛労連を営利団体と侮辱した(株)JIDIC(城北電装)を入管が「不適正ではない」としました。愛労連は本日、法務省と入管に抗議文を送りました。
2010年の制度改正以後、高い寮費をとる受入企業が目につくようになっています。そのなかで、今年5月に来たフィリピン人女性はそれまで2DKに9人で3万円の寮費だったものが新寮で4万円に値上げさせるので困っているというものでした。当方で調査したところ、別紙のように近隣の新築アパート、マンションと比べても2~3倍で、しかもその隣には社長の豪邸が建っているなどまさに外国人実習生を食い物としていました。
 ところが入管は、告発から半年以上たっても指導を行わず、本日の報告で「調査が終わったが、不適正ではない」とこたえました。しかしこのようなピンハネを認めることは、今後も上限なしに不当な寮費を野放しにし「奴隷労働」とのそしりを免れません。
 愛労連はこの暴挙に断固抗議し、技能実習制度の廃止に全力をあげます。
Jedic

| | コメント (3) | トラックバック (0)

JEDIC(城北電装)の不当労働行為

Photo_5 ←録音
城北電装が外国人実習生に対し「ユニオンに勧誘しないように」と言っていたことがわかりました。これは明らかに労働法違反です。
そのうえで愛労連に対し、「ボランティアじゃない、営利団体だ」と言っていました。27人の実習生から月4万円も巻き上げて、自分はその2倍の大きさの豪邸(→)に住むような社長のほうがよっぽど営利目的ではないか。
 

 

(会社)「労働組合に入っているのか。榑松がやっていることを知っているのか。HPを見たか。あれは実名で会社の名誉を傷つけている。その認識はあるのか。今後ユニオンに入会する意思はあるのか。」

 

「毎月いくらか聞いたか」

 

(ミリアム)「聞いてない」

 

(会社)「死ぬまで払うってことは知ってるか。フィリピンに帰ってからもとられる」

 

「家賃4万が2万になってもユニオンがキックバックをとる。数10%は持っていかれる。彼らの目的はそれだ。ボランティアなんかじゃない。営利団体だ。会社をいじめて、勘弁してといって払う金が資金源だ」

 

ユニオンの勧誘行動があれば違法なので、他の技能実習生を勧誘しないように

 

(ミリアム)「ユニオンへの勧誘はしていない。寮費について高いと思うかどうかを聞いただけ」

 

(会社)「榑松の言っていることによって、かなり誤解がある。榑松に聞かないとわからないというが組合に入っていないのなら榑松は関係ない。」

 

 
ついに愛労連は営利団体にされてしまいました。
4万円の家賃について会社は「税務署の許可はとってある」と言っていますが、所得税法は「これ以上安くすると給与所得になりますよ」と言っているにすぎません。
逆に言えば税法上の実費はこんなもんだと言うことです。
概算したところ月1万円程度にしかなりませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

法務省は「教文」調査に何ヶ月かかるのか

気仙沼から逃げてきたベトナム人実習生が名古屋入管に出頭して5ヶ月以上がたちました。9月には法務省、厚労省、国交省の課長にあって事件を説明して「速やかに調査する」と約束いただきました。
いっぽうで9月には「櫻花協同組合」役員が逮捕されました。どのような手口を使って実習制度で不正な大金を蓄財したのか明らかにすることが必要です。
「櫻花協同組合」は「教文」の役員をしていた櫻太吉氏が顧問になって教文の本社につくったものです。教文社内には櫻氏が社長の派遣会社「グローバルトラスト」もありなした。「教文」社内には櫻氏が代表でつくった「しまなみ国際協同組合」もありました。各組合も櫻氏も「教文」と深い関係があります。
「教文」本社には受入機関だけでなく送り出し機関TRACODIの広島支部もありました。「教文」がベトナムに新しい送り出し機関を設立するなどの動きも明らかになっています。
今回の事件では送り出し国の「失踪通知書」に書かれた職種・受入機関名と日本で入管に提出した職種・受入機関名が違っていました。送り出し・受入の両機関を派遣会社「教文」が支配することでこれが可能となっていました。
 
 実習制度の「指針」には「監理団体とされている団体が名目のみ監理団体となり、実際の監理は他の機関が行うような場合は、当該技能実習は監理団体の責任及び監理の下に行われているとは認められず、不適正な受入れとなります」と書いてあります。ところが法務省は「外部の機関を指揮命令しながら業務の一部を分担させていた場合は必ずしも不正行為に該当するものではありません。」と言いつくろって来ました。この事件は「教文」が受入機関も送り出し機関も支配して「指揮命令させている」ところに問題があります。現行法、新法案でもここが抜け穴になっています。
入管には陳述書とあわせ、その他の証拠も提出してあります。しかし、今になっても「調査中」とはどういう捜査をしているのでしょう。こんな実態で「新法案」で実習生の拡大を行えば不正が増大することは目に見えています。
Photo_3
Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »