« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

受験料が2倍 さらなるピンハネが心配

Photo_2 外国人実習生が1年間の実習をおえ2年目に移行するためには右のような「技能検定基礎1級」試験を受かる必要があります。

これは厚労省所管の各県職業能力開発協会が実施しているもので、通常日本人がうける検定の初級の下の「基礎」のランクになっています。
.技能検定の等級区分
 技能検定には、現在、特級、1級、2級、3級に区分するもの、単一等級として等級を区分しないものがあります。それぞれの試験の程度は次のとおりです。
 特  ...... 管理者または監督者が通常有すべき技能の程度
 1級及び 単一等級 ...... 上級技能者が通常有すべき技能の程度
 2  ...... 中級技能者が通常有すべき技能の程度
 3  ...... 初級技能者が通常有すべき技能の程度
また、これらの区分以外に外国人技能実習生等を対象として随時に実施する3級、基礎1級及び基礎2級があります。
ところが昨年7月に厚労省は新たな認定規定をもうけ、実習生の試験を能力開発協会以外の「試験実施機関」で行わせることができるようにしました。これまでに19職種15機関が認定を受けています。
会社の受験料負担が2倍に
技能検定の受験料標準金額は実技試験17,900円、学科試験3,100円で、実習生もこの金額に準じていました。これを各業者さんが負担していました。ところが新たな制度では実施機関の規定に受験料を記すだけで、具体的な基準はありません。そのため、なかには45,000円とか60,000円という機関もでてきています。小さな会社で3人受験させると18万円もの負担になります。
例)自動車シート縫製作業 一般社団法人 日本ソーイング技術研究協会 (理事長 御園愼一郎)
さらに旅費・宿泊費も
厚労省は職種ごとに認定機関を認可していますが、各職種1機関のため、県内で試験が行われないと受験させるために一泊でいくこともでています。全国で5カ所程度の会場のことも珍しくないため業者さんの負担を増やしています。
家賃のピンハネが心配
新法で「機構」ができ「手数料」が取られるようになると、さらなる負担の増加が心配されます。これまでも家賃によるピンハネが増えているなかで実習生へのしわ寄せが増えないか危惧されます。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまた1カ月も放置か

気仙沼から逃げてきたベトナム人実習生の事件。

昨年8月の広島県政記者会見
ベトナムまで手続きに行った会社が教文の妨害でキャンセルになり、やっと受け入れ企業も決まった会社が名古屋入管に書類を提出。ところが2月1日からもうすぐ1カ月になるのに未だに許可がでない。受け入れ機関からは「とっくに許可されているはず」と何度も催促の連絡がくる。
名古屋入管は書類に問題はないといい、法務省の補佐官は「他の案件と同様に所定の審査の上で処分するというほかありません。特例期間(元々の在留期間の満了から2月)内には結果を出すこととなります。」と言うだけ。
特例期間というが、愛労連が教文の不正を告発したのは昨年の6月。入管がさっさと不正を調査していればとっくに処分が住んでいるはずなのに、やっと先月に調査を始めたところ。
自分から出頭してもこんなに待たされるようで、失踪者が入管に行くようになるだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JIDIC城北電装に再質問

城北電装株式会社 社長 
増田 雄一様
2016年2月10日
愛知県労働組合総連合
議長 榑松佐一
愛労連ローカルユニオン
執行委員長 黒島英和

再質問の申し入れ

先日はたいへんお忙しいところ団体交渉に応じていただきありがとうございました。その後1月26日に名古屋入管との話し合いをもち、寮費についてはあらためて実習先企業から実費の詳細を確認させていただくことになりました。

(1)先日の話し合いでは
①2013年11月8日より2013年11月から2014年7月まで入居した北名古屋市弥勒寺東4-116-6にある会社所有の一戸建ての寮費については「BMサポートのアドバイスで問題ないだろうとの回答」「入国時にサインしている」からこれでいいだろうという認識との回答でした。 その際JIITCOのガイドラインで定めている近隣家賃相場と実費について、「当時は実費についての認識はなかった。実費の計算をどうするか考えなきゃいけない」「近隣アパートの相場についても調べる」との回答でした。 2階の二部屋より広い1階の賃借料については会社の秘密事項なので教えることはできないとのことでした。

②2014年7月18日より入居した寮の実費については 年間経費は総額で10,137,283円。これを実習生人数を年間加重平均で19人で割ると約4.5万円/月・人となる。 総額の内訳は建物(8千万)のほか排水工事などを含めて減価償却費が約6百万円である。償却期間は30年としている。 電気、ガス、水道光熱費を約150万円、インターネット接続料金が月5千円で年間6万円、セコムが19万円、この他には土地と建物の固定資産税、家具・布団、米代、保険料、その他雑費との回答でした。 坪あたりの家賃が近隣マンションの最高値の2倍になっていることについては「建設費用以外に機械、空調設備、電気設備、消火・排煙設備、外構工事など構造上お金がかかっている」「若干いいものを作りすぎた」との説明でした。 これ以外に送迎のマイクロバスと人件費が160万円ほどかかっているが、これは寮費請求の経費には含まれていない。

(2)今回の質問

①2013年からの一軒家の寮について実費の計算結果と近隣相場の調査結果をお知らせ下さい。

②現在の寮について 年間経費10,137,283円のうち減価償却、水道光熱費、インターネット、セコムで約775万円となります。まだ240万円ほどが足りません。 土地建物の固定資産税ではその半分にもならないと思います。減価償却費に含まれないもので、単年度の支出になるものを大きなものだけでかまいませんので説明下さい。

以上について説明をしていただきたいと思います。

団体交渉の希望日程は 2月23日(火)14時以後 2月24日(水)午前中 2月25日(木)午前中 2月26日(金)14時以後 2月29日(月)14時以後 今月内に日程都合がつかない場合には書面での回答でも差し支えありません。書面での回答は2月中にお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実習生交流会

Chu160208 27日労働会館で外国人実習生の交流相談会が開催され、ベトナム、中国、フィリピンの実習生4名の他留学生、通訳、支援者など20名が参加した。(→中日2/8)

                             交流会では各実習生が自分の経験、現況などを報告し、そのあと実習生への質問や実習制度についての意見交換などが行われた。気仙沼から逃げてきたベトナム人実習生は8ヶ月ぶりに実習を1年目から再開することで申請手続きがすすんでいる。北名古屋市のJEDICで寮費4万円をとられ団体交渉をおこなったフィリピン人実習生も来日し、経験を報告した。それぞれの支援者の他にも行政書士や弁護士などこの問題に関心をもって参加してもらえた。テレビ、新聞各社も多数取材にこられ、中日2/8が掲載した。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »