« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

地方マスコミの発進力に期待

Asa161026 Mai161026
実習生新法案が衆院を通過し、参院に送付されました。マスコミでは右のようにすでに成立し介護への実習生受入も始まることが報道されています。しかし記事の内容は政府の発表を紹介するだけで、法務委員会で取り上げられた不正の問題や介護の問題点指摘など全くふれられていません。
問題点の指摘はいつも成立してからです
 
事件は岐阜・愛知でおきている
20万人いる実習生のうち愛知と岐阜が全国1.2位で約3万人がいます。また、岐阜アパレルで残業代400円、500円で働く実習生は3000人もいます。
現行法でなぜこの問題が続いているのか、新法で不正をなくすことができるのかが問われています。
岐阜アパレルは地方でおきている問題ですが、法案そのものを揺るがす全国の重大問題です。
厚労省、法務省は監督指導が追いつかない実態を確認しており、経産省がやっと「今日の事案を受けて関係府省と連携して岐阜県における実態を調査してまいります」と調査を約束したところです。
名古屋・岐阜の地方マスコミ各社の発進力に期待します。
 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

世耕経産大臣が岐阜アパレルの調査を明言

本日の参院本会議で岐阜アパレルの問題が報告され、世耕経産大臣が調査を明言しました。
日本共産党の仁比総平議員が、岐阜アパレルで300円の残業代、毎日4、5時間の残業、土日も休みなし。犠牲を末端業者と実習生に押しつけ人権侵害を続けている実態について全員の調査を要求しました。質問全文→「hata161101.jpg」をダウンロード

これに対し世耕経産大臣は「違反はまことに遺憾」とし「今日の事案を受けて関係府省と連携して岐阜県における実態を調査してまいります」と答弁しました。

これから、3000人の不正事例が次々告発されていきます。 労基署と名古屋入管の体制も増やすよう求めていきたいと思います。 また、法務委員会で経産省は「岐阜県と協力して」と言っていました。 岐阜県にも末端縫製業者の調査を求めたいと思います。 また、聞くところによるとあるマスコミは縫製事業者にアンケートをおくったそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Cho mọi người làm việc ở may công nghiệp

<修正>
Cho mọi người  làm việc ở may công nghiệp
14713561_542472292625671_5561186259 
Gửi đến các thực tập sinh đang làm việc ở công nghiệp may mặc Gifu
Xin hãy cho biết mức lương và tiền làm thêm giờ của bạn.
Từ ngày 1 tháng 10 năm này, mức lương tối thiểu của tỉnh Gifu đã tăng đến 776 yen. (Trước kia là 754 yen)...
Trong trường hợp làm việc nhiều hơn 8 tiếng trong 1 ngày, nhiều hơn 40 tiếng trong 1 tuần thì, công ty sẽ phải trả 125% lương, tức là 970 yen. (Trước kia là 943 yen)
Trong trường hợp mà không có ngày nghỉ trong 1 tuần (làm việc từ T2 ~ CN) thì, công ty phải trả 135% lương, tức là 1048 yen. (Trước kia là 1018 yen)
Lương và tiền làm thêm giờ của bạn là bao nhiều tiền?
Lương cơ bản 1 tháng(       )yen
Lương làm thêm giờ 1 tiếng (       )yen
Lương làm việc 1 tiếng vào chủ nhật (       )yen
Họ và tên (                     )
Tên của công ty (                )
Địa chỉ : Tỉnh Gifu(           )thành phố
Nơi liên lạc
Họ và tên(              )
Tên trên Facebook(              )
Email(        @           )
→AIROREN  FAX 052-871-5618
        Email 110@airoren.gr.jp
*Mục đích của điều tra nay là để biết hoàn cảnh sự thật của thực tập sinh.
Khi cần thiết khởi kiện thì, chúng tôi chắc chắn sẽ xác nhận sự đồng ý của bạn trước.
岐阜縫製業で働く実習生のみなさん
あなたの給料・残業代はいくらですか?教えてください。
今年10月1日から岐阜県の最低賃金が776円になりました(これまでは754円)
1日8時間、週40時間以上働く場合には125%の970円です(これまでは943円)
月曜日から日曜日まで休まず働く時は日曜日が135%の1048円です(これまでは1018円)
あなたの給料・残業代はいくらですか?
毎月の給料(     )円
残業代1時間(    )円
日曜日1時間(    )円
お名前(                   )
あなたの会社は(              )岐阜県(      )市
連絡先
名前(           )
FACE BOOK名(           )
Email         @        
→愛労連  FAX 052-871-5618
        Email 110@airoren.gr.jp
※この調査は実習生の実情を知るためのものです。
訴える時には再度みなさんに了解をとります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岐阜アパレルの実態調査を

労基署が指導に入った岐阜アパレルの業者さん。14508603_1120478628029992_131909621
実習生に「(給与明細の水道光熱費)8000円はうちとは関係ない。クミアイに聞け」と言ったのに、説明を変えてお金を取り過ぎた分は返すと言い出しました。実習生はクミアイから「クミアイの言うように答えたら一人30万円だす」と言われたそうです。業者さんもクミアイから何か言われたのでしょう。

いっぽう残業代を「1時間は970円」だすが、2時間目以後はこれまでどおり550円とのこと。「そんだけ工賃は安いから。わかる?ああいう服作るお金は安いから」
これが業者の実態です。
先日の法務委員会で経済産業省は「そういう実態を関係省庁と連帯して調査する」と答えました。

また今年上期の来日実習生はベトナム人がトップになりました。
畑野さんが「ベトナム人が申告に行ったら当日受付られる労基署はいくつあるか」と聞いたら厚労省は全国全ての労基署でベトナム語で作成した外国人労働者むけパンフレットを活用して申告を受け付けている」と答弁。
しかし、これを見るとベトナム語の通訳は全国に1ヶ所もない。
ベトナム語の書類は以下
http://www.mhlw.go.jp/…/foreigner/techni…/vietnamese_01.html

| | コメント (16) | トラックバック (0)

岐阜アパレル問題を暴露

明日の法務委員会で岐阜アパレルの巨大な不正を暴露するため国会に来ています。法務省、厚労省、経産省を呼んで議員レクに参加しました。
全国の最賃違反の2割が岐阜アパレルに集中しており、厚労省として違反を放置できないだろうとつめました。
また業者さんからはこの10年間下請け工賃が上がっていないと言われていると経産省に調査を求めました。
明日の法務委員会では、これも含めて質問してもらいます。
https://www.facebook.com/jissyuseisien/posts/539414462931454

| | コメント (1) | トラックバック (0)

岐阜県の労働基準監督署は外国人実習生問題について、ほんとによくやってくれています。この事件でも労基署から「過労死の可能性が高いと判断。昨年、遺族に労災申請手続きの書類を送った。」そうです。

岐阜アパレルでは一ヶ月一日も休み無し、毎日5時間の残業というのも珍しくありません。業者さんも「私も丸一日休んだことはほとんどない」と言っていました。
2010年に制度改正があり1年目から最低賃金が適用になりました。2011年からの5年間で岐阜県の最賃は約70円あがりました。しかし「この10年ほど工賃は変わっていない」といいます。利益が減る中、数を増やして凌いでいるのが実態です。
Asa161016

| | コメント (4) | トラックバック (0)

岐阜アパレルから相次ぐ相談

先日の岐阜労働局要請が中日に掲載されていました。Chu161008_3
労働局も、岐阜アパレル全体が同じような残業代になっていることを承知していますがとても一県では全部を監督指導できないといっていました。
さらに次の告発と相談
火曜日にはさらに1件を申告。ここも残業代500円です。
さらに「水道光熱費8000円」と書いてあるのは、組合がピンハネしているもので、実習生は水道代などを現金で払っていました。
また、他の会社からは残業代350円という相談もきています。
今後、ベトナム語での申告受付用紙をつくって、全実習生に配布することも検討しています。
https://www.facebook.com/jissyuseisien/videos/531577327048501/
2「それは関係ない、クミアイに聞け」と言っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岐阜アパレルの実態調査を提案

新たな解雇
一昨日、岐阜アパレルで実習生3人が解雇されました。7月に労基署の指導をうけた実習先が、これまでは支払うといっていたのに3か月もたって突然「廃業する」といってきました。
この間4社に調査がはいり、いずれも残業代が400円、650円と割り増しどころか「割引」でした。これまで2社が支払い2社が不払いです。
岐阜アパレルの大半が残業割引Ihangihuh27
岐阜アパレルには3000人を超える実習生がいます。岐阜労働局が監督指導結果では岐阜縫製業の約半分が最賃違反。全国の2.2%と比べると桁違い。さらに証拠隠滅などが24%あります。これ以外にも「仲介者」が現れて実習生を説得するものもあります。
「推進会議」は「労働基準監督署等の監督指導時における事業主等の虚偽説 明又は帳簿の改ざん等の隠蔽行為は後を絶たず、さらに監理団体ぐるみの隠匿 も疑われる事案があるなどより一層の悪質化が進んでおり、問題は未だ解決さ れていません。」 と言っています。
しかも指導してもそれに従わない実習企業も少なくありません。泣き寝入りです。最初から最低賃金を支払えない下請け工賃しかもらっていないといいます。最賃以下で受注する企業に実習生を入れるところに問題があります。
全面調査を提案
全国の実習生の最賃違反の2割が岐阜縫製業に集中しています。もはや一地方の問題ではありません。
全労連と岐阜県労連は岐阜県に直接末端業者の受注工賃を調査するよう要請しました。また岐阜労働局には縫製業で働く実習生の賃金調査を行うよう提案しました。
県は「調査権限がない。国から指示があれば行う」と回答
労働局は今の監督官の数ではとてもたいへんそうでした。
県からは「全労連でやっては」との意見もいただきました。
国がやらなければ中国語とベトナム語で岐阜の実習生全員に調査票と申告書を送付することも考えます。支援者通訳のみなさんと相談してみたいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

岐阜県の適正化推進会議に要請

毎年岐阜アパレルの業界団体に発注工賃の適正化を求めている「外国人技能実習生等受入適正化推進会議」(座長籾山朝日大学教授)に文書で要請します。
11回目も同じ文書を出さないように。
労働局は外国人実習生問題に力を入れており、とても協力的でした。労基署の指導に従わず司法処分に回した数も教えてもらえることになりました。
午後からはNHKの取材で3時間。最賃違反の事件ではなく、業界団体ぐるみである事やブローカーの存在など岐阜アパレル問題の本質に迫ってもらえるようお話しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベトナム人実習生の急増

さすが中日。全国で一番実習生が多い愛知からベトナムに実態調査に行っています。
できればハノイ周辺の経済格差と貧困も見てきてほしい。

次は岐阜アパレルの問題をお願いします。
5日は岐阜県労連と全労連ブロックで労働局に要請です。全国の最賃違反の2割を占める岐阜アパレルの不正を無くすため、何が必要かよく話し合ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛知県の監理団体が

岐阜アパレルの4社を労基署に告発し、うち2社は団体交渉で解決しました。1社は労基署の指導に従わず、倒産手続きもしないため立て替え払いもできないため、やむなく裁判所ゆきになりました。1社は払うと言っているのでまっていますが、なかなか厳しいです。
そこに立てつつけで3件。1件は京都に回しました。そのまえの事件も佐賀に回しました。福井に移動した実習生のところには福井県労連が訪問してくれています。全国の県労連が協力して支援をしています。
今度は愛知県内の監理団体14469453_1120482151362973_872881923
今日やっているのは、またしても岐阜アパレルですが監理団体は愛知県内でした。
寮の水道光熱費はメーター通りに現金で徴収しています。実習生が会社に「水道光熱費8000円は何?」をきくと、「それは関係ない、クミアイに聞け」「うちは毎月ひとり3万円の監理費を払っている」と言われました。
とてもまともに技能実習などできそうにない縫製業者。やはり問題は監理団体(クミアイ)です。
業者の証言録音もとれたので、このような違法な控除を指導している監理団体は愛知の労働局に通報しなくては。
6日に岐阜労働局と懇談
愛労連、岐阜県労連の告発を岐阜県の労基署は迅速に対応してくれています。次々と申告がくるなか、6日には岐阜労働局監督課と今後の問題を相談することになりました。さらに強力関係を強めて、岐阜アパレル問題を解決したいと思います


| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »