« 試験費用は会社負担 | トップページ | 全国の縫製業に調査、岐阜でヒヤリング »

経産省は岐阜縫製業の実態を調査せよ

これが残業代500円しか払えない工賃を強いられている岐阜縫製業者の声です。

ぜひお聞き下さい

一着400円、500円では数をこなすしかありません。だから毎日3時間、4時間の残業をします。
土曜日もふつうに仕事です。残業にはなりません。
通じないとわかりながらも、一生懸命実習生たちに説明しています。
経産省は縫製業者の全数調査を
先の国会で世耕経産大臣が岐阜の実態調査を約束しました。しかし、下請法の形だけの調査では末端の業者の実態はつかめません。
国会で求めたのは末端縫製業者の全数調査です。こういう業者の声を聞くよう27日には名古屋の中部経産局に要請にいきます。
写真は別の業者
20161224_15_46_24

 

|

« 試験費用は会社負担 | トップページ | 全国の縫製業に調査、岐阜でヒヤリング »

コメント

 たった1時間500円ですか?
 日本人の残酷性が際立つ所業ですね。
 こんな日本人が多いなんて、日本人でいることが情けなくなりませんか?

投稿: 1時間500円!? | 2016年12月25日 (日) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経産省は岐阜縫製業の実態を調査せよ:

« 試験費用は会社負担 | トップページ | 全国の縫製業に調査、岐阜でヒヤリング »