« | トップページ | 訴えた実習生の保護は »

昨年と同じ監理団体で

愛知でもひどい事件が続いています。
ここは自動車座席シートを縫っていました。今週入管と労基署の調査が行われました。
ところが調査の後から連日脅されています。
「お前達は犬のような奴らだ」と恫喝17360593_1887169214871599_153210518
この人は●&●の社長夫人の姉で、その姉が彼女達を脅しています
「私は怒っている、あなた達がこのような事をするのは理解できない、恩知らず。私に言えばお金を払うことも出来たのに、どれほど家族や会社に害を与えたか。などなど」 「今まで、お前達の世話をしてやったのに、このような仕打ちをするなんて、お前達は犬のような奴らだ、この仕返しを必ずしてやる、云々・・・」
これは明らかに実習制度が禁止する人権侵害です。
 
同じ監理団体で
監理団体を調べると、小牧市にある■春ファッション協同組合です。ここは昨年末に労基署指導を受けた▲▲毛織も監理していました。
自動車座席シートは受験料6万円も
また、今回の会社は自動車座席シートの縫製でした。この業種では2年目への試験が昨年から一人6万円に跳ね上がっています。試験は豊田市内にある日本ソーイング技術研究協会で行われますが、ここはトヨタ紡織の中間下請けI産業です。受験料引き上げが残業代に影響していないでしょうか
 

|

« | トップページ | 訴えた実習生の保護は »

ベトナム人」カテゴリの記事

外国人実習生」カテゴリの記事

愛労連」カテゴリの記事

コメント

 日本人って、ホント、ひどいね。

投稿: | 2017年3月18日 (土) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138068/65029841

この記事へのトラックバック一覧です: 昨年と同じ監理団体で:

« | トップページ | 訴えた実習生の保護は »