« 岐阜アパレルの実態が全面的に | トップページ | 介護への外国人実習生パブコメ募集 »

外国人を農業に派遣できる特区が愛知に

愛知県が申請した「農業外国人特区」が16日の参院内閣委員会で「国家戦略特区法」で可決。
昨年秋に法務省が初めて明らかにした統計で、農業実習生の失踪は他産業の2倍とわかった。しかし農水省は農業のどこに問題があるのかは全く議論していない。そこに今度は実習生のような特別な保護をうけない外国人を、問題の多い派遣労働としていれることになった。
特区法では国と自治体が協議会を設置して相談の受付と「特定機関」を巡視することになっているが、言葉が通じるのかすらも不明である。
国会でもこれだけの付帯決議がつけられた。
次は愛知県議会でとりあげてもらわねば。

|

« 岐阜アパレルの実態が全面的に | トップページ | 介護への外国人実習生パブコメ募集 »

ブローカー」カテゴリの記事

外国人労働」カテゴリの記事

外国人実習生」カテゴリの記事

愛知県政」カテゴリの記事

コメント

毎度毎度、ひどい話ですね。
監理団体を監視する団体も機能しなさそうですね。

投稿: 特命 | 2017年6月18日 (日) 17時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138068/65426384

この記事へのトラックバック一覧です: 外国人を農業に派遣できる特区が愛知に:

« 岐阜アパレルの実態が全面的に | トップページ | 介護への外国人実習生パブコメ募集 »