« 母国での実態 ガイアの夜明け | トップページ | 新たに監理団体が許可 »

キックバックに罰則

先日ガイアの夜明けで放送されたベトナムの送り出し機関からのキックバック問題。1
法務省が直ちに「送出機関との不適切な関係についての注意喚起」(12月14日)という文書を監理団体宛に出しました。
そこには下記のように罰則が書かれています。
監理団体が監理費に該当しない金銭を、送出機関を含む技能実習の関係者から受け取った場合(ex 監理団体が送出機関等からキックバックを受け取った場合)は、監理団体の許可取消の対象となるほか、罰則も適用されます。

* 監理団体が監理費に該当しない金銭を送出機関を含む技能実習の関係者から受け取った場合は、技能実習法第28条
の規定に違反し、監理団体許可の取消対象となるほか、技能実習法第111条の規定により、6月以下の懲役又は30万円以下の罰金の対象となるところ。
2

|

« 母国での実態 ガイアの夜明け | トップページ | 新たに監理団体が許可 »

ブローカー」カテゴリの記事

ベトナム人」カテゴリの記事

外国人実習生」カテゴリの記事

愛労連」カテゴリの記事

コメント

現金取引をどうやって証拠をつかんだらいいのでしょうか?
関係者が口を割らなければ、現実には捜査権限もない法務省には何ができるのでしょうか?

投稿: | 2017年12月20日 (水) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138068/66180124

この記事へのトラックバック一覧です: キックバックに罰則:

« 母国での実態 ガイアの夜明け | トップページ | 新たに監理団体が許可 »