« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

新法始まったばかりでもう次の制度が

1803 昨年11月に施行された技能実習法。特別に10月末前の駆け込み申請が受理され年明けまでは旧法での入国となっている。新たに付与された「申告権」(不正を訴える権利)が発生するのは11月以後に申請し入国した実習生になるので、まだ「5%程度」と言われている。
そのため、不正を訴えるとほとんどが「旧法なので入管で」といわれてしまう。

実習機構には大量の「許可申請」や「実習計画」がきているため、許可に時間もかかる。なかには不正を理由に許可されるかわからない場合もある。
手取りがマイナス
この実習生は申請中に在留期間が切れ、短期ビザになったため3ヶ月間無収入になった。入管は「待機期間中の生活は監理団体と受入企業が責任をもつ」と言っていたが、3月の給料からは「その他」として29,350円が引かれていた。
帰国させられた実習生もあるが、帰国後連絡がとれずどうなったかわからない。
新法は「経過措置」中
他にも不払い残業を告発した実習生が移籍するために待機しているが、移籍日がハッキリせず1ヶ月以上無収入でも失業保険の手続が行われなかったこともあった。
新法では受入機関の責任が明示されていますが、これも「経過措置」の間のためはっきりしていません。新たにできた3号の受入や介護の受入もまだほとんど始まっておらず、どのようなことになるのかわかりません。
いきなり5年の新制度
ところが、政府が新たな在留制度を来年度から施行を目指して臨時国会に新法案を提出するという。正気の沙汰ではない
Asa180418

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ベトナムフェスティバル実習生相談室

Chu180406 4月7日、8日名古屋市内で開催されたベトナムフェスティバルの会場で「外国人実習生相談室」を行いました。(中日4/6)
県内の実習生は約2.8万人で全国最多。うちベトナム人は1万人を超えています。会場となった久屋広場はベトナムの若者で埋め尽くされました。

協力ありがとうございました
当日は弁護士、司法修習生、行政書士、FMCとベトナムネットからの通訳など多文化共生に関わるみなさんが多数ボランティアとして参加いただきました。福島大学から坂本教授も来てくれ、実習生の相談にのってくれました。
Photo 母国語相談を紹介
相談ブースでは実習機構の母国語相談を紹介。400枚の案内を配布し、実習生にスマホのQRコード(←)を使って実際にみてもらいました。
また、日本語訳をつけた「母国語相談の手引き」「viet-japan.pdf」をダウンロード を配布し、「困っているベトナム人がいたら手伝ってください」と呼びかけました。
多彩な訪問者
この間相談にきた実習生達もたくさんやってきました。岐阜アパレルで残業代500円を解決した実習生Pさんは福井から、Hさんは滋賀県からわざわざ来てくれました。
入管、県や自治体の関係者、多文化共生の関係者も多数お見えになり、知事も顔をだしてくれました。ベトナム法律家協会のA先生も激励にきてくれました。
Img_9204 Img_9295 Img_9205 Img_9212 Img_9296

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »