« 2019年10月 | トップページ

2019年11月

失踪者の職種統計を

19111301
入管庁は実習生の失踪が相次ぐ中、やっと実習企業や監理団体への処分強化を発表しました。
しかし、これは事後規制にすぎません。
失踪の理由が「より高い賃金を求めて」というのも、昨年の入管法審議の時と変わっていません。
ここへの相談では明らかに農業と建設業に問題があります。
農業では4週間一日も休みなく働かされていました。牛小屋同然の宿舎で消毒液でボロボロになった女性もいました。
建設業では全く違う仕事をさせられ、機構に訴えたら殴られて逃げだしました。
受け入れ産業に対する指導が重要です。
法務省は昨年まで失踪者の職種別統計をとっていましたが、今は公表していません。

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ