« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

また失踪 雨が降ったら賃金カット

自動車整備なのに洗車ばかりやらされていた実習生。雨が降ったら賃金をカットされていました。技能実習制度ではもっぱら洗車をさせてはいけないことになっているので会社を変わることができると説明したのですが、実習生は逃げてしまいました。
「本来行うべき技能実習が行われず、例えば洗車作業のみをさせることは絶対にしてはいけません。」(自動車整備・周辺関連業務)
また技能実習法施行に合わせて新たにつくられた自動車整備の2号試験は受験料が三倍の6.8万円になったためか、先輩は「日本語能力N4試験が不合格になった場合は自費でベトナムに帰国します」と書かされていました。洗車しかしてなかったので試験が心配だったのかもしれません。これも不正です。
確かな職種作業かどうかしっかり確認もせず、入れるだけいれておいて、不正があっても正しい職種の移籍先が見つからなければ三カ月で帰国させるようでは失踪は減りません。
Sikenthumb1 Uten

 

 

| | コメント (0)

移籍先が決まらない

昨年末から相談が続いてはいり、そのうち六件の不正を機構に申告しました。この他にも解雇されたが、次の会社を見つけてもらえないという相談もあります。

運用要領では「実習実施者や監理団体が責任を持って次の実習先を確保することが必要ですが、機構が行う実習先変更支援のサービスを利用することも可能です。」となっていますがこれをやらなくても監理団体には罰則はなく、機構に支援を求めると3カ月で見つからない場合には帰国するという書類にサインさせられます。

不正を訴えて解雇されて実習期間が残っているにも関わらず、監理団体が新たな受け入れ先を探しません。機構に支援を求めても三カ月で帰国。「申告したら次の受け入れ先はないぞ」という監理団体は不正のやり放題です。監理団体を監督する機構の問題か、それとも技能実習法の欠点でしょうか。

D9933fcd5ac542238ae93ceeaac1b078

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »