« コロナで帰国できない実習生、解雇された実習生などの相談 | トップページ | 建設業実習生の失踪率が二倍 »

帰国して2年でもあきらめないサンコウ事業協同組合事件。

サンコウ事業協同組合の事件から3年。訴えた実習生たちが帰国してから2年になります。実習生たちは母国でとても元気にしています。
当時国会で「実習計画との違いは不正である」こと、その後2度の名古屋入管意見交換会でも「調査する」と回答いただきました。
昨年も名古屋入管から「調査中」と連絡をいただきました。組合の名称変更をしても不正の事実はかわりません。
Chu1812073_20210222084301

|

« コロナで帰国できない実習生、解雇された実習生などの相談 | トップページ | 建設業実習生の失踪率が二倍 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コロナで帰国できない実習生、解雇された実習生などの相談 | トップページ | 建設業実習生の失踪率が二倍 »