« 監理団体が会社変更を妨害、特定技能制度の欠陥か  | トップページ | アスベスト作業があったかどうかは調査せずに「終了」を通告 »

「実習生本人から聞く必要はない」と調査終了

アスベスト除去作業で手を痛め、重いものが持てないと言ったら解雇された実習生。6月17日に技能実習機構に申告しました。8月26日に名古屋事務所指導課のM氏から「調査を終了する」と一方的な連絡がありました。

<連絡の内容>
〇アスベスト作業については確認できなかった
〇本人の自己都合退職である
〇労災ではないと判断した。理由は痛み止めの薬をもらっているから
〇家賃は本来一日二千円かかるところ失業給付中を考慮して千円にしている。本人の同意済
〇この段階で申告に基づく調査を終了する。



|

« 監理団体が会社変更を妨害、特定技能制度の欠陥か  | トップページ | アスベスト作業があったかどうかは調査せずに「終了」を通告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 監理団体が会社変更を妨害、特定技能制度の欠陥か  | トップページ | アスベスト作業があったかどうかは調査せずに「終了」を通告 »