« Fマートのおにぎり工場でもボッタくり | トップページ | 外国人実習生の現実(いま)と未来(これから)原稿 »

コロナ禍で退学したら300万円の賠償金をとる日本語学校

Photo_20210903111401

コロナでバイトが減り、中途退学になったら300万円の賠償金。年度末までの家賃支払い。1年目の成績証明書は母国に送るので帰国後受け取れ。途中で学校を変えたり、就職のために在留資格変更に必要な書類を渡さない。仙台の日本語学校です。
入管はなぜ、指導しないのでしょうか?

日本語教育機関の告示基準解釈指針(令和2年4月23日一部改定)
八 生徒に対し,人権侵害行為を行い,又は法令違反行為を唆し若しくは助けていたとき。
「人権侵害行為」には,旅券や在留カードの取上げ,合理的な理由なく生徒の意に反して除籍・退学・帰国等させる行為,進学や就職のために必要な書類を発行しないなど生徒の進路選択を妨害する行為,生徒に対する暴力,セクシャルハラスメント,人種差別的言動等が含まれる。

|

« Fマートのおにぎり工場でもボッタくり | トップページ | 外国人実習生の現実(いま)と未来(これから)原稿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Fマートのおにぎり工場でもボッタくり | トップページ | 外国人実習生の現実(いま)と未来(これから)原稿 »