先に36万円出せ

先ほど実習生から組合が謝罪したと報告がありました。
名古屋入管が臨検に入ったそうです。

機械保全の職種として入ったのに、実際は産廃の手分け作業だった実習生。半年間指定された道具は使ったことがない。建設関係の実習生が急増しているが、監理団体の説明がいいかげんすぎる。受け入れた企業も困っているだろう。
他にも1人逃げたという情報もあるが、入管に訴えて2カ月たつのに未だに調査が行われない。
監理団体の協同組合ルーセン(名古屋市守山区)は君が辞めたのだからと住むところを保障せず、実習生に36万円を用意するように要求。
申告権が与えられても、その間保障がなければ訴える事はできない。

Nyukan đã nói là đã nhờ ngiệp đoàn tìm việc nhưng mình ko hợp tác thì rất khó. ( ý là làm theo những gì nghiệp đoàn sắp đặt như là chuẩn bị 36 man tiền vào nhà để nghiệp đoàn thuê nhà...)
入管は組合に仕事を探すように頼んでいるが、私が協力しないと難しいと言いました。(組合が家を借りられるように36万を準備するなどの組合の段取りした事に従うようにという意味です)

nyukan bảo lại cần thời gian điều tra nữa. Ko biết đến bao giờ nữa chờ nyukan điều tra gần 3 tháng rồi.
入管はさらに調査をするには時間が必要だと言いました。いつまで入管を待てばいいかはわかりません。調査して3ヶ月経ちました

Hiện tại ko có chỗ ở cũng như không có tiền ăn. Chỉ mong sớm giải quyết có công việc mới.
現在、食事するお金がないように、いる場所もありません。早く解決して新しい仕事が見つかるのを願うばかりです

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京新聞3/20に掲載

20日の東京新聞「特報」が岐阜アパレルの実習生問題を特集しました。経産省が縫製業の調査を行う事も書かれています。
また、訴えた実習生が未だに新しい会社を決まってない事も。新法が実習生に申告権を与えてもこれでは意味がないことを証明しています。その間の生活費も含めてクミアイに責任を持つようにしなくてはなりません。
東京で書かれたことで、法務省、厚労省も知らないとはいえなくなりました



| | コメント (1) | トラックバック (0)

昨年と同じ監理団体で

愛知でもひどい事件が続いています。
ここは自動車座席シートを縫っていました。今週入管と労基署の調査が行われました。
ところが調査の後から連日脅されています。
「お前達は犬のような奴らだ」と恫喝17360593_1887169214871599_153210518
この人は●&●の社長夫人の姉で、その姉が彼女達を脅しています
「私は怒っている、あなた達がこのような事をするのは理解できない、恩知らず。私に言えばお金を払うことも出来たのに、どれほど家族や会社に害を与えたか。などなど」 「今まで、お前達の世話をしてやったのに、このような仕打ちをするなんて、お前達は犬のような奴らだ、この仕返しを必ずしてやる、云々・・・」
これは明らかに実習制度が禁止する人権侵害です。
 
同じ監理団体で
監理団体を調べると、小牧市にある■春ファッション協同組合です。ここは昨年末に労基署指導を受けた▲▲毛織も監理していました。
自動車座席シートは受験料6万円も
また、今回の会社は自動車座席シートの縫製でした。この業種では2年目への試験が昨年から一人6万円に跳ね上がっています。試験は豊田市内にある日本ソーイング技術研究協会で行われますが、ここはトヨタ紡織の中間下請けI産業です。受験料引き上げが残業代に影響していないでしょうか
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

愛知県でも申告がつづく

愛知県でも監督署が頑張ってます。
先月末に申告したベトナム人実習生から、「今日労基署がきて書類とタイムカードを持っていった」
とメールがきました。
月給は10万円、残業代は650円でした。
さらに、タイムカードが2箇所にあり、片方は社長が勝手に押しているという証拠もつけて出しました。
日曜日の講演会には愛知県の担当者も参加して、帰り際にあいさつにきました。経産省の縫製業調査が愛知県でも行われているので、様子を見にきたのでしょうか?愛知県の縫製業も岐阜と同じ問題があるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

職種の違いがあれば「不正に当たる」

17327795_777559682408728_1182968474 この間、実習生から相談をうけて、入管から「監理団体が新しい実習先を探している」と報告のあった事件ですが一ヶ月経っても全く新たな受け入れ先が決まりません。
それどころか、今月に入ってからは「(機械の仕事は)もうできません」「ベトナムに帰りましょう」というばかりで、実習先を探しているとは思えません。
昨年の法務委員会で井上入管局長は「実習計画に記載された職種と異なる職種の技能実習を実施しているような場合であれば、それは不正行為に当たる」と答弁しています。
これまで、企業名は伏せてきましたが監理団体の対応ひどいので、明らかにします。証拠はあります。

監理団体 協同組合ルーセン(名古屋市守山区菱池5-8)
代表 倉田英明
実習実施企業・実習実施場所 永一産商株式会社・飛島リサイクルセンター
 2

 
 
実習計画職種 機械保全
実際の職種 手作業による産業廃棄物の選別
16426410_753046208193409_145471124_
20170202_140519必ず使用する道具(右のうち2種類以上)
→道具は使ったことがない
 

衆院法務委員会(平成2846日)

○井上政府参考人 委員の御質問にお答えいたします。

 入国管理局におきましては、技能実習生の入国に当たっての審査におきまして、職種を含めた技能実習の内容が募集の段階で技能実習生に伝えられ、技能実習生がその内容を理解していることを文書により確認する、それと同時に、その内容を踏まえた技能実習計画が策定されることを確認してございます。そして、このようにして策定された技能実習計画に記載された職種と異なる職種の技能実習を実施しているような場合であれば、それは不正行為に当たることになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福井からも参加

「つなげよう アジアと日本の友情の架け橋」

外国人実習生SNS相談室(榑松佐一著)と上海物語(小中陽太郎著)の出版記念講演会が12日、労働会館東館ホールで開催され、約60人が参加しました。

会ではテレビで放送されたミリアムさんの家賃4万円問題、気仙沼から逃げてきたタン君の事件、1月に放送された岐阜アパレルの事件番組を紹介し、本にまとめた経過を説明、参加者からも多くの質問が出されました。
会には昨年岐阜アパレルの残業代400円を訴え、その後福井県の会社に移籍した9人の実習生が電車にのってきてくれました。また、県内で不正を訴えている実習生や、昨秋に告発して解雇され新しい会社を待っている実習生ら18名も来てくれました。
実習生の問題をずっと応援してくれている小中陽太郎さん(作家、ジャーナリスト)が実習生たちに呼びかけ、みんなで「つながろう」と歌いました。
彼女たちのうち6人は訴えた会社が倒産し、不払い賃金の立て替え払いを申請しています。「今はとてもいい会社にいる」と喜んでいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

職種違反指摘され「帰国」

Kikoku

「機械保全」の職種で契約したのに、毎日産廃の手分け作業をやらされた実習生。
入管に訴えたが機械保全の仕事をさせてもらえず、2月17日からは仕事をしていない。
クミアイ(名古屋市守山区のL)は入管に「新しい会社を探している」と答えたそうだが、Sさんには「組合としては新しい仕事はもう紹介はできないですよ。s君はいなくなってしまったので」と言っている。Sさんは毎日クミアイに連絡しているが、クミアイは「いつ帰る」と言うだけで、送り出しの機関に連絡しろというばかり。
技能実習制度では「機械保全」の作業はきちんと決まっており、さらに下記のなかから必ず2種類の道具を使用することになっているが、Sさんは道具をつかったことがない。
20170202_140519
大切な仕事だが、ゴミの手分け作業という実習種目はない。
「機械保全」でこれでは、2年目への試験はどうするのか。
20170306_180636Siwake_3クミアイが会社を紹介せず、住むところも生活費も保障しなければ、実習生は逃げるしかない。
3月3日の会話
(s)私は、仕事変わりたいですけどいいですか?
(クミ)無理です。もうできません。
永一を辞めたのでもうできませんよ。
(s)機械の仕事をしたい。それはできますか?
(クミ)機械の仕事ってのは機械保全ですか?
(s)はい、機械保全の仕事はしたい。それはできますか?
(クミ)もうできません。あまりそういう・・・・
s君がもういないので、僕たちには動けません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

毎日新聞にも

労働環境改善 自主点検求める 
労働局・名古屋入管が東海3県初 
報告義務、虚偽には厳重処分 

/岐阜
毎日新聞2017年3月3日


 低賃金、長時間労働など違法労働を強いられる外国人技能実習生の劣悪な労働環境改善に向け、岐阜労働局と名古屋入国管理局は2日、実習生が働く事業所と事業所が加盟する組合などの監理団体に対し、関係法令を順守しているか自主点検を求めたことを明らかにした。最低賃金以下の労働や時間外労働の有無などの報告を義務付け、虚偽が発覚した場合は法令に基づく厳重処分を科す。岐阜労働局によると、こうした試みは東海3県では初めてという。

 県内127団体が対象。点検項目を列挙した報告書を2月に送付し、4月5日までに回答して返送するよう求めている。


「人権侵害排除」「不法就労等犯罪防止」などの項目が並ぶ報告書
 点検項目は監理団体用20項目、事業所用35項目。暴行・脅迫・監禁のほか、宿舎からの外出、携帯電話の所持、来客との面会禁止の有無、労働時間や割増賃金の具体的数値などについて、「適正である」「一部不適正」「適正でない」の3項目から選択して申告するよう求めている。報告内容が虚偽の場合は厳重処分とするが、報告が真実なら不適正であっても、改善が見込める限り厳重処分の対象としないと通知している。
 岐阜労働局によると、県内では約1750の事業所に約1万人の外国人技能実習生が働いている。最低賃金以下で働かせたり、時間外労働に適正な賃金を支払わないなどの事案が相次いでおり、1月の事業所への臨検では、9割のケースで虚偽や証拠隠滅などの不正が見つかった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

岐阜労働局が動く

先月、本省要請に行きましたが、まず岐阜労働局が動きました。これで告発がしやすくなります。
経産省の縫製業調査も今月中に行われます。

実習生の違法労務 企業への点検要請 岐阜労働局など
2017.03.03 中日新聞岐阜版 【岐阜県】外国人技能実習生を受け入れている企業で最低賃金を支払わないなどの法令違反が相次いでいるため、岐阜労働局は名古屋入国管理局と合同で、県内に約百二十ある監理団体に傘下の受け入れ企業で法令違反がないか自主点検するよう求めた。初の取り組みで「虚偽報告があれば、書類送検を含めて厳重に処分する」としている。

 二月二十一日付で監理団体に通知文を郵送した。団体が企業を指導すべき点として、最低賃金以上の支払いや残業代の適正化、長時間労働の抑制、実習生に暴行や脅迫、外出制限といった人権侵害を行わない-などを挙げた。四月五日までに報告書と関係書類を提出するよう要請した。

 県内では、縫製業を中心に実習生への適正な賃金不払いなどがたびたび発覚。昨年十一月に成立した新法で、近く監理団体が許可制になることなどが予定されている。労働局の担当者は「新制度への移行を前に、監理団体が果たすべき役割をあらためて認識してもらう趣旨」と話す。

 県内で働く技能実習生は昨年十月時点で九千六百三十四人。製造、建設業などの約千七百社が受け入れている。(木下大資)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

産廃業者から

昨年から産廃業者で働く実習生の相談が何件かある。
昨年はトビ職種だったが今回はタン君と同じ「機械保全」で入ったが、やってる仕事は産廃リサイクルの仕分けで全て手作業。
機械は月に一度しか使わない。
実習制度の機械保全では作業の内容も、必ず2種類以上使う道具も決まっているが、指定された道具など使ったことがない。
入管からクミアイに話してもらったが、産廃はいい加減なところが多いそうです。




| | コメント (5) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧