最賃アップでも工賃はあがらず

経産省は昨秋の国会で岐阜アパレルでの実習生への不正多発指摘をうけて「繊維業界における下請取引の実態等に関する調査」を行い、先日その結果を公表しました。
18664662_1362269217184264_757768816 18699949_1362269213850931_178392137そこでは「これまで最低賃

金や最低工賃が引き上げられた際に、取引代金は引き上げられましたか。」という問いに7割がNOと答えています。
下請け法では最低賃金の引き上げなど人件費の上昇を工賃委反映させることになっていますが、なんの効果もなくこれが実習生に最賃以下の残業代となっています。
雇用主も厳しい状況
28日の中日新聞は愛労連のコメントを掲載しています。

 <実習生を支援する榑松(くれまつ)佐一・愛知県労働組合総連合議長の話> 最低賃金は毎年上がっているのに、発注元から取引代金を引き上げられた業者が三割しかいないのは驚きだ。愛知、岐阜の縫製業で働く実習生からの相談をこの一年で九件受けたが、いずれも残業代は時給四百~五百円と違法状態だった。今回の調査から、雇用主も大変な状況にあるという背景が見えてくる。業界全体で、最低賃金の上昇に対応できる態勢をつくらないといけない。
中日は引き続き実習生の実態を紹介するそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外国人実習生アンケート

<外国人実習生に知り合いのみなさんへ>
名古屋で活動する多文化市民メディアDIVE.tvの取り組みです。20170523_182251
####
日本で働く外国人の労働環境改善に向けたアンケート調査
このアンケートは、日本で働く外国人の皆さんがより働きやすくなるように、企業や行政に対して改善点の提案をするために実施しています。匿名ですので、正直なことを教えてください。<〆切り6月10日>
アンケートに答えてくださった方から抽選で3名様に、amazonギフト券2000円を差し上げます。
また調査結果は、NGO団体である多文化市民メディア「DiVE.tv」のHP(http://dive-tv.nagoya)で7月中旬に公開します。よろしくお願いいたします。
中国語
https://goo.gl/forms/g9XCgVI8OwDDNyF03
ベトナム語
https://goo.gl/forms/kfdw4zy2096LVF0H3
フィリピン語
https://goo.gl/forms/JVZpmIrRwZbelEug2
英語
https://goo.gl/forms/Cd6yQOG0kJjGbvV53
日本語(テスト用)
https://goo.gl/forms/7ns4E0mAjNC2abmZ2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

福井県でも実習生への不正が

厚労省が「労働基準関係法令違反に係る公表事案」を公表しました。公表期間は1年間で、これから毎月更新するそうです。
今回はこの半年間ですが、岐阜県の10件にこのブログで取り上げたうちの2件が入っていました。福井県の事例では8件中6件が技能実習生の事件で、違法な長時間残業をさせていたとなっています。残業代はまともに払われていたのでしょうか?!
Fukui170424

| | コメント (6) | トラックバック (0)

二件続けて解決!

17861713_1321588457919007_298408472 3月に岐阜労基署に申告した実習生から解決したと連絡がありました。先日の愛知の自動車座席シート実習生に続き、今月2件目です。
また関市で岐阜県で倒産解雇された2件についても国による立てInked17965638_10207048758457131_118 替え払いの手続きが進んでいます。福井にいった実習生に労基署から案内がありました。

厳しい職員体制のなか、素早い対応をしてくださった岐阜労働局の監督官、名古屋入管の担当官に改めて感謝します。
さらに次々と相談がきています。愛労連としても労働行政、法務行政の増員署名に協力していきます。
新法施行は11月から
4月7日に昨年成立した実習生新法の施行日が11月1日になると発表がありました。厚労省のHPには「新たな実習制度について」や
500ページ以上にわたる「技能実習制度運営要領」も発表されています。
20170416_171328

| | コメント (2) | トラックバック (0)

受験料6万円の自動車座席シートで

今回の残業代不払い事件は婦人、子ども服ではなく、自動車の座席シート縫製でした。トヨタでは昨年から部品単価の引き下げを再開して下請け企業の経営は厳しくなっています。そこに昨年からは実習生の2年目への試験料が6万円になり3人で18万円もの負担増になっています。
20170413_3

自動車座席シート職種は昨年認定され、試験は一般社団法人 日本ソーイング技術研究協会が行っています。実習生だけでなく「外国人技能実習生受入れ企業が受入申請時に提出する技能実習計画の指導体制欄に掲げる指導員資格の目安の一つともなっています。」
これも一人6万円で下請け企業の負担になっています。
この協会役員を見ると御園慎一郎理事長のもと筆頭理事に伊東和彦氏の名前があります。伊東氏は10年前の不正を摘発された豊田技術交流事業協同組合の理事長(当時)です。
本部試験会場は豊田市中町中前の伊東産業になっています。
「自動車シート縫製」職種追加にあたっては、当局から「異例」づくめ。「自動車シート縫製」職種追加に関する連絡会議にはこんなメンバーが出席しています。
【出席者 】
 法務省 入国管理局 入国在留課長、研修審査係主任
 厚生労働省 職業能力開発局 海外協力課 外国人研修推進室長
 経済産業省 製造産業局 審議官、繊維課長、同課課長補佐、自動車課課長補佐
 公益財団法人 国際研修協力機構 能力開発部援助課課長代理

| | コメント (1) | トラックバック (0)

脅迫

<会社から「正しい計算をして請求する」と返事がありました。脅しについても止めさせると約束。指導いただいた関係者のみなさんありがとうございます>

トヨタ紡織下請の自動車シートの実習生。今日中に金を払えと脅迫されています。昨日、入管に訴えたところです。
「今日また、社長の奥さんのお姉さんから、脅迫が来ました(写真のFB記述)
こういう場合は、私達は日本に亡命できるのでしょうか?」
###
---------------------
写真FB記述の脅迫文概要
*あなた達が会社にお金を払わずに逃げるなら、ベトナムに帰っても、あなたはいつまでも私に追われます。
ここには私を恐れる人が沢山いるので、あなた達をさがすのに協力して、あなた達を処理します。
あなた達が家に帰って、家族があなた達の顔を見てもあなたと分からないようになるでしょう。
----------------------------



| | コメント (3) | トラックバック (0)

一年目から住民税⁇




愛知県で自動車座席シートをつくっている実習生が残業代不払いを訴えた事件。会社は労基署に是正を報告したが、なぜか毎月の控除額が44,600円となっている。この地域のマンションは3LDKでも70,000くらいなので一部屋に何人も暮らす寮費にしては高すぎる。
1年目からの住民税も
さらに労基署には左の支払い額だけを報告したが、実習生には右側の税金20万円を請求してきた。
税理士に相談したら、住民税は自治体からの通知が必要。1年目はかからないはずなのに9千円もある。1年目は8ヶ月で130万円程度の総額なので2年目の住民税は月数千円にしかならないはず。
こんな金は払わないと言ったら払わなければ4月分の給料と飛行機切符を渡さないという。
しかたないから社名を公開するか

| | コメント (3) | トラックバック (0)

たくさんのコメント

たくさんのコメントをいただいています。
個別にコメントはしませんが、毎日たくさん読ませていただき、だいぶ追いこんだなあと思います。
労働局、入管、そのほか関係者の方にもよんでいただいています。今後の取締りの参考にして頂ければと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

調査の結果は

経産省の縫製業調査が三月いっぱいで、名古屋入管と岐阜労働局による岐阜県の実習企業、監理団体調査が今日で締切になりました。
いっぽうで残業代400円、500円の訴えが続いています。日曜日には4件の相談があり、2件を告発しました。
さて、この団体は調査にどう答えているでしょうか。
新機構で監理団体が許可制になります。調査の結果はどう生かされるでしょうか?


| | コメント (2) | トラックバック (0)

同じ人間として

4/2朝日新聞で愛労連の取り組みを紹介いただきました。
東海地方は全国一外国人労働者の受け入れが多く、愛労連には外国人が加入する労働組合も多く、つねに200人近くが加入しています。労働相談にもかかってきます。
愛労連は最低賃金千円以上の取り組みに力を入れていますが、派遣労働者が待遇改善を求めたら「お前よりもっと安い外国人がいる」と言われ、一時間400円とか500円の不正を放置しておくわけにはいきません。
「外国人は悪いことをする」「なぜ日本人より外国人を守るのか」という書き込みもありますが、日本人にくらべ外国人の犯罪割合は多くありません。いっぽう400円で働かせることは重大な犯罪です。「求められているのは、同じ人間としての外国人労働者の受け入れ」だと思います。
Asa1704022

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧